3C分析!「競合調査」の必要性と分析方法を解説

from:本多康裕

競合調査の再確認
webマーケティングを行う行わないに関わらず、競合調査は大事です。

そんな競合調査の重要性を再度確認するため、今回は『競合調査』を重点的に解説していきたいと思います。

3C分析の中の、コンペティター(competitors)の部分ですね。

1.競合調査の必要性

まず、どうして競合調査をする必要があるのでしょうか?

一般的に人はweb上で情報収集をする際に、たった一つのサイトを見るのではなく、複数サイトを見ています。

その理由としては単純で、「どれが良いのか?」を判断しているからです。
つまり比較をされているという事ですね。

比較をされている中で、あなたの会社のサービスや商品が他に劣っているのでしたら、それはつまり「顧客の囲い込み」に失敗をしているという事です。

という事は、顧客を逃さないためにも自社の商品やサービスをより魅力的なものにしていく必要がありますよね。
そのために競合調査が大切になってくるのです。

2.競合調査のポイント

競合調査には幾つかのポイントがあります。
特にweb上での競合調査を重点的に見ていきましょう。

2-1.集客

まずは、競合がどのような集客方法を行っているのか?を把握しておくと良いでしょう。

リスティング、SEO、紹介制度(アフィリエイト)など、集客の方法は様々です。
競合他社が、いったいどれを中心として行っているのかを見ておきましょう。

他にもウェブサイトを見て、サイトのデザインや、コンテンツはどんな物を用意しているのかなどを見ておきましょう。

2-2.商品の解説

商品の説明の丁寧さやわかりやすさ、ラインナップの豊富さを見ておきましょう。

特にコンテンツマーケティングが流行っているので、商品の使い方などを丁寧に解説しているコンテンツがあるかどうか? などを見ておくと良いかもしれませんね。

2-3.サービス

送料・返品などの際のサービスを見ておきましょう。

またメルマガやLINE@などでクーポンなどの配信を行っている事もありますよね。
そういったサービス系には実際に登録をしてみて、満足度などを自身で判断してみる事もオススメできます。

3.自社と比較してみる

競合調査をした後は、自社との比較する点を挙げていきます。

比較の際に必要なことは「自社が勝っている点」、「自社が劣っている点」をしっかりと把握することです。

ただ純粋に「ああ、この競合のサービスは素晴らしいなぁ~」と考えるのでは行けません(笑)
そのサービスに勝つことはできるのか、自社の強みはどういった物があるのかなどを見ておきましょう。

そして比較をした後は、「どこを改善していくか」、「どこをより伸ばしていくか」を考える必要があります。

ただ調査をして終わりではなく、その後の運用や施策などの案出しをする事が、大事になります。

まとめ

競合調査の必要性と大まかな流れは理解していただけたでしょうか?

調査をしてこそ、今後の対策や自社の発展を進める事ができます。

少し面倒で時間のかかる作業かもしれません。
でも大事ななので、是非行動に移してみてくださいね。

コメントを残す




CAPTCHA