【市場、競合、自社】マーケティングの基礎3C分析とは?

from:本多康裕

3C分析とは?

マーケティングにはさまざまな分析がつきものですね。

ここでは、基本的な知識とも言える、3C分析について紹介します。

聞いたことはあったけれど、今まで真剣に取り組んだことがなかった人も、ここで取り返すチャンスですよ(笑)

3C分析って何?

企業が市場分析を行うためのプロセスのこと。

マーケティングビジネスに関わるプレイヤーを大きく

  • 市場(Customer)
  • 競合(Competitor)
  • 自社(Company)

この3つに分類し、分析することです。

この頭文字を用いて3C分析と呼ばれます。

この3C分析から成功要因を導き出し、事業を進行させます。

マーケティングでは、この3者の関係性を明らかにして、効率的なやり方を見つけ出す必要があります。
3者を合わせると、自社の強みがわかってくるのです。

  • 顧客のニーズの変化(Customer)
  • ニーズの変化に競合がどのように対応しているのか(Competitor)
  • 顧客のニーズと競合をふまえて自社の進行方向を定める(Company)

ということを調べていく必要があります。

実際に3C分析をしてみよう

では、3C分析はどのように行われるのでしょうか?
ひとつずつ見ていきましょう。

Customer:市場

まず、市場の分析を行います。
分析方法はさらに「マクロ分析」「ミクロ分析」「顧客分析」と3つに分類できます。

マクロ分析

景気変動や実行、流行りの流れなど、社会的な変化を見つけ出します。

政治(Politics)、経済(Economy)、社会(Society)、技術的(Technology)の要因を用いたPEST分析を使います。
これらの変化を明らかにする作業をマクロ分析と呼びます。

ミクロ分析

利益を確保するため、業界の構造変化から、自社の影響の度合いを検討します。

ファイブフォース分析をする必要があります。

ファイブフォース分析とは、

  1. 買い手の交渉力
  2. 供給企業の交渉力
  3. 競争関係
  4. 代替品の脅威
  5. 新規参入業者

の5つの変化に注目して、自社への影響を分析することです。

顧客分析

マクロ分析とミクロ分析の情報が、顧客のニーズにどのくらい影響を与えているかを分析・検討します。

製品のライフサイクルを探ったり、アンケート調査を行うことによって明らかになります。

Competitor:競合

次に競合分析をしてきます。
競合企業の結果と結果が出た理由について、注目して行くと良いでしょう。

競合企業の結果と結果

すべてを公開しているわけではないですが、競合の売り上げや広告費などを調べてみてください。

それから、社員1人当たりの売り上げなど、資本の効率がどうだったのかも調査すると良いです。

結果が出た理由

製品開発や販売ルートなど、どのように競合が売り上げを高めているのかを明らかにしてください。

自社で取り入れるべき仕組みを見つけることができるようになります。

Company:自社

これまで行ってきた市場分析と競合分析をまとめます。

そして、自社が打つことのできる手を検討し、市場・競合の変化における対応と自社を比較します。

まとめ

いかがでしたか?

マーケティングと3C分析の関係において、理解が深まりましたか?

一度で理解する必要はありません。
少しずつで良いので、まずは手を動かすことが大切ですね。

コメントを残す




CAPTCHA