急激な変化に対応が必要!?進化・拡大を続ける広告市場

from:本多康裕

インターネット広告の変化
広告出稿のテクニカルな機能は、日々アップデートされています。

従来から巨大市場と言われていた広告市場は、ますます巨大化しています。
また、出稿者のニーズにあったように変化を続けているのです。

まさに、千変万化の世界なのです。

今回は簡単に広告の出稿方法をご説明したいと考えております。

リマーケティング広告

Webサイトを閲覧していると、特定の広告に追い回された経験はないでしょうか?

これは、リマーケティングと呼ばれる手法です。
閲覧者のCookie情報がWebサイト運営者によって保持され、同じ広告をよくみることになるわけです。

GoogleやYahoo!では、Cookie情報に対して広告を配信することが可能です。

「商品購入を検討はしているものの、要求が顕在化していない訪問者(一度フラッとWebサイトを閲覧してみた人)」の意識を高めることが出来るわけです。

インフィード広告

固定的な枠に対して、バナー広告を配信することをディスプレイ広告と呼びます

また、Webサイトの動的なコンテンツとコンテンツの間に挟む形で「いかにも記事の一部のように見える」広告をインフィード広告と呼びます。

この形式の広告は、スマートフォンユーザーの急速な拡大に伴って、同時に急速に普及しました。

例えば、ニュースを取り扱っているアプリでは、個別のニュースとニュースの間に挟まれる形の広告です。

広告であるという嫌悪感を取り除くことができ、クリック率が非常に高いことから、リマーケティング広告と同様に広告市場で最もニーズが高い配信面となっています。

まとめ

実際の広告運用現場では、リマーケティングやインフィード広告を前提としています。
さらに数段階複雑化された機能により、広告配信が行われており、インターネット広告代理店も凌ぎを削っている状況です。

このような状況の中、ぬるま湯に浸かっているTV広告市場は、インターネット広告市場に追い抜かれることは確実視されています。
現在はその日をカウントダウンとして数えているのみであるといっても過言ではありません(笑)

今後、ジリ貧であるTV広告市場がどのような対応をすることにより市場を拡大していくか、非常に興味がありますよね。

  • TV広告としての独自性を打ち出していくのか?
  • それともTV広告ではなくネット広告に参入するのか?

この鍵を握っている電通・博報堂の動きが非常に気になるところではありますね。

コメントを残す




CAPTCHA