コンテンツマーケティングに必要なたった1つの心構え

from:本多康裕

まだ高い広告費をかけますか?
あなたの会社は現在、莫大な広告費を掛けていますか?

もちろん広告費をたくさんかける事がNGな訳でありません。
ですが、ここ数年広告費が全体的に高騰している中で、それは決して万全の策と言えるか分かりません。

ビジネスの本質には、「ユーザーに価値のある物を届ける」事があります。

今回はそれを低資金で達成できる”コンテンツマーケティング”の導入方法について解説していきます。

1.コンテンツマーケティングとは

そもそもコンテンツマーケティングとは一体どういった物なのでしょうか?

よく言われている表現としては、

コンテンツマーケティングとは、見込み客などに良質な情報を届け、相手の興味・関心を惹き、最終的に商品やサービスの購入などのゴールに繋げるための手法です。

といった物があります。

2.価値あるコンテンツを届ける事が大前提

まずはユーザーに対して、価値のあるコンテンツを届ける事が大前提になります。

価値のあるコンテンツとは、そのコンテンツを読んだときに「ユーザーのライフスタイルに好影響を及ぼすもの」の事を指します。

2-1.価値あるサービスを持っていますか?

そこで大切な事は、そもそもあなたの企業自体が「価値のあるサービスを持っている」かが重要になります。

すべての企業が当てはまるわけではありませんが、自社のサービスにイマイチ自信を持っていない人も少なからずいるはずです。

そういった方々にはコンテンツマーケティングを導入する事をあまりお勧めできません。

2-2.ソーシャルメディアを活用する

自社に素晴らしいサービスや商品があり、それをしっかりとコンテンツとして届ける準備が整ったら、SNSなどのソーシャルメディアでも発信していきましょう。

本当に良いものであれば、どんどんと露出を増やすべきです。
活用するべきものはしっかりと活用する事を意識しておけると良いでしょう。

3.コンテンツマーケティングを成功させるには?

コンテンツマーケティングを実際に導入する際に必要な心構えとして、以下の2つを理解していただく事が大切です。

3-1.良質なコンテンツを理解する

そもそも良質なコンテンツをとは何かを理解しておきましょう。

良質なコンテンツとは「ユーザーの生活の質を上げる」ものになります。
ただの自己満足ではありません。

しっかりと価値ある物を届ける必要があります。

3-2.低品質なコンテンツを理解する

反対に低品質なコンテンツを理解しておく事も重要です。

本当にそのコンテンツを読んだ人の生活の手助けとなるのだろうか?」これをじっくりと考えて、もし答えが「NO」なのであれば、低品質なコンテンツなのでしょう。

4.ユーザーの事を究極的に考える事が必要

最終的に必要なたった一つの心構えとして「ユーザーの事を究極的に考える」事が大切になります。

価値を与える事ができないのであれば、報酬や感謝の気持ちをいただく事はできません。

「まずはユーザーを考えて、良いものを提供する」この考え方でコンテンツマーケティングに臨んでいただければ、きっと大きな成果を上げる事ができるでしょう。

コメントを残す




CAPTCHA