検索上位表示をするためのクロール最適化3つのステップ

from:本多康裕

クローラーSEOって?
せっかく良い内容のコンテンツを作っても、それが正当にGoogle側に評価されないのでは、意味がありませんよね……

そのために大切な対策の一つとして、「クロール最適化」があります。

聞いた事のある人も多いかもしれませんが、実際にその内容をしっかりと理解されている人はそこまで多くないはずです。

そこで今回は、クローラー、クロール最適化について解説をしていきます。

1.クローラーについて

そもそもクローラーとは、「検索エンジン上のweb上のファイルなどを収集するためのロボット」の事を指します。

あなたのサイトもクローラーが情報収集して、その後に検索順位などを決定するための一つの要因となっているのです。

つまり、このクローラーが適切なファイル収集を行うために、クロール最適化をする必要があるという事ですね。

2.クローラーにページを見つけやすくするために

サイトやコンテンツを作成した後に、クローラーにそれを見てもらう事が、上位表示の秘訣となります。

ちょっと想像してみてください……
せっかく良いコンテツを作っても、それがGoogle側、クローラー側に認識をしてもらえなかったらどうなるでしょうか?

おそらくずっと検索順位の圏外にいたままになりますよね(笑)

見つけられやすくするためには、次の3点を意識するべきでしょう。

2-1.外部サイトからのリンクを作る

クローラーは自作自演の低品質な外部リンクは嫌います

ですが、自然に発生した外部リンクからの流入源を増やす事が出来れば、クローラーの入り口が増えてくるのです。

2-2.Googleサーチコンソールにサイトマップを登録

サーチコンソールには、Google側にウェブサイト内にどのようなページが存在するのかを知らせる、サイトマップ送信機能があります。

これを利用するだけでも、クローラーがサイト内を循環しやすくなります。

2-3.GoogleサーチコンソールのFetch as Googleを活用

Fetch as Googleは、クローラーにサイト内を循環して欲しいと依頼する事が出来る機能です。

例えば新しいページやコンテンツを追加した時や、現状存在していたページをより良いものにリライトした時などに、Fetch as Googleを活用すると良いでしょう。

まとめ

せっかく良質なwebページやコンテンツを作成しても、Googleに認識をされないのでは、元も子もありません。

  • 外部サイトからのリンクを作る
  • Googleサーチコンソールにサイトマップを登録
  • GoogleサーチコンソールのFetch as Googleを活用

ぜひこの3つを利用して、Google、クローラーに認識をしてもらい、正当な評価をしてもらえるようにしていきましょう。

コメントを残す




CAPTCHA