【よくあるSEOの疑問】ドメインによって有利・不利はあるのかい?

from:本多康裕

ドメインのチカラ
よく訊かれる質問があります。
それが、「ドメインによって有利・不利はあるの?」的なものです。

結構気になりますよね?

僕もこのブログのURLをco.jpに切り替えようと思ったんです。

でもとりあえず現在保留中なんです。
たぶんco.jpを取得してもブログはここでやるって感じになりそうです(笑)

comよりco.jpの方が強い?

これは正直な話、微妙なんです。

以前はco.jpが強かったんですが、ここ最近あまり.netだからどうとか、.orgだからどうとかってあんまり無いんですよね。
ただ、やはり「○○会社」とかって検索を期待する場合は、co.jpの方が強いような気がします。

じゃあ会社のブログならco.jpのほうがいいんじゃない?
って思いますよね?

でも、ドメインにはドメインエイジというものがあるんです。

ドメインエイジって知ってますか?

ドメインエイジとは、ドメインの年齢のことをいいます。
簡単に言うと、そのドメインが活動を始めてから、どれくらいの年月が過ぎているかってことになります。

ですが、このドメインエイジ。
年月が長かろうと短かろうと評価が高い場合と、低い場合があるわけです。

これは、厳密にいえば「ドメインの評価」の範疇かも知れませんが、どんなサイトを公開しているかによって評価がかわったりします。

まあ簡単に言うと、サイトの内容に価値があるかどうか?なんですよね。

ドメインの価値が下がってしまうことも?

たとえば、18禁であるアダルトサイトとか、反社会的なサイトをやっていたドメインは評価が低くなることがあります。

これも絶対とは言えません。
そうじゃなけければDMMのように、強いサイトがでてくるはずありませんからね。

ですが、やはりそういう傾向がかなり強いという感覚です。

また、有名サイトのフィッシングサイトや、もじったドメインのサイトなど違う紛らわしいサイトなども評価が低くなります。
例えば、yafoo.comとかそういうものです。
ちなみにこのyafoo.comは、アメリカのyahoo.comにリダイレクトされていますので問題はありませんでした(笑)

とにかくこのドメインの価値とは、サイトのコンテンツによって変化するものなんです。

また、外部からのリンクなどの関係によって価値が上がったり下がったりするものでもあります。

「オールドメインが良いよ!」って言う人は、このドメインエイジとリンク数で判断してるってことですね。

まとめ

このブログたった一年くらいのドメインエイジなんです。
でも新しいドメインをスタートさせて、ゼロからスタートになってしまうのはちょっとリスクがあるから辞めました(笑)

きちんと引っ越し作業をして、リダイレクトで記事の新しいURLにリンクしたり細かく設定すれば良いんですが・・・
なかなか引っ越し作業をするのが面倒なんですよね(笑)

ドメインをこれから取得される予定の方は、今後5年くらい使うことをイメージして取得すると良いと思いますよ♪

コメントを残す




CAPTCHA