メールマーケティングに必要なメールのタイトル(件名)3つのコツとは?

from:本多康裕

読んでもらえるメール、読んでもらえないメールの違いとは?
メールの送信には工夫が必要です。
特に相手が忙しいビジネスマンとすると、毎日数十件ものメールを受け取っている人が多いため、メールを見落としがちです。

もちろん、相手に読んでもらうメールを書くことは、仕事上のやりとりと共に、メールマーケティングでも必要となっています。

そこで今回は、相手がメールを受信した時に、「読まなくてはいけない」、「読んでみたい!」と気持ちにさせる題名(タイトル)の書き方について解説していきます。

1.メールはタイトルが命

何と言ってもメールを開封してもらうには、当然ですがタイトルが命です。

もちろん、その日の打ち合わせのお礼などで「本日の打ち合わせのお礼」などは読まれます。
ですが、実際にメールマーケティングを行う際は、そのようなタイトルでは読んでもらう可能性は低くなります。

1-1.具体性を持たせる

メールのタイトルには具体性を持たせる必要があります。

具体性というと、幾つかコツがあります。

  • 著名な人がお勧めしている
  • 高級な生地を使っている
  • 定価よりも何%割引になっている

このように権威性を持たせたり、その商品の詳細な説明をするとより読者の目に留まりやすいタイトルになるでしょう。

1-2.価値を感じてもらう

メールのタイトルを目にした時に、「これは自分の役に立ちそう」と思わせるタイトル付けが大切です。

例えば、「株式会社◯◯からのお知らせ」のようなありきたりなタイトルでは、読者は目に付きません。

これを「オールシーズン使えるジャケットのお知らせ」と言ったようすると、「オールシーズン使えるジャケットがあるんだ!」と感じる人もいるはずです。

このようにしっかりと、相手の役に立つということを伝えるようにしておきましょう。

1-3.緊急性を持たせる

緊急性を持たせることで、読者に「行動しないと終わってしまうよ」と言った煽りを入れることもできます。

多くの読者は「後で見るから今はいいや~」となりがちですが、実際に後でしっかりとメールを読んでくれる人はほとんどいません。

  • 残り10日間だけ!
  • 3日間限定のセールを開催!
  • 1時間後に開催!

こういったように、緊急で「もうすぐで終わってしまう」などの告知を入れることで、メールの開封率は上がります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

  • 具体性を持たせる
  • 価値を感じてもらう
  • 緊急性を持たせる

こちらの三点はメールのタイトルをつける上でとても基本的な要素です。

多くのメールマガジン等を見ていると、タイトル決めが適当な会社がとても多いです。

ぜひタイトルに気を使い、高い確率でメールを開封してもらうように工夫をしていきましょう。

コメントを残す




CAPTCHA