タグ管理に欠かせないツール!Googleタグマネージャーについて

from:本多康裕

グーグルタグマネージャーとは?

webマーケティングを行う中で欠かせない作業となる「効果測定」や「データ解析」。

しかし、ソース内にたくさんのトラッキングコードなどを入れ込んでしまうと、どうしても管理が大変になってしまいますよね……

Googleアナリティクスの解析タグ、リマーケティングを行うためのタグ、リスティング等で使う必要のあるCVタグなど……種類は様々です。

そこで今回は現在のwebマーケティング上の現状や、タグの管理の際のお勧めのツールを簡単に紹介していきます。

タグ管理は難しい

ソースの中にたくさんのタグがあるという事は、管理がしにくくなってしまいます。

企業の中でも運用から管理、タグの実装までを一人で行う人はなかなかいないのではないでしょうか?

担当者が変わる場合もしっかりと引き継ぎができていなければ、どこにどのタグがあって、それをそもそも使っているのかなどの不具合が出てきます。

さらにwebマーケティングの担当者は、マーケティングのアドバイス等は行う事ができますが、実際にタグの管理などをできる人は少ないということが現実です。

そのため、最低限のタグの管理方法等の理解をする必要はあり、しっかりと自分たちの意志を、タグを実装する人たちに指示できるようにしておく必要があるでしょう。

また、実装をする担当者が自社内にいるのであれば良いのですが、それが外注先にいるとなおさら面倒です。

管理に最適なタグマネージャー

そこで必要となるものが「タグマネージャー」になります。

GoogleとYahoo!共に提供をしていますが、最もメジャーなタグマネージャーが「Googleタグマネージャー」です。

Googleアナリティクス、Googleアドワーズなど様々なタグが存在しますが、Googleタグマネージャーを使う事によって、これに一つのタグとして集約する事ができるのです。

しかも実装方法としては、ソースコード内にタグマネージャーのタグを入れ込んだ後は、ソースを特に操作する必要はありません。

タグマネージャーの管理画面があるため、そこにしっかりと実装したいタグのソースなどを入れておけば、管理方法はとても楽なのです。

これからサイト内を新しく立ち上げる、サイトを全面的にリニューアルしたい、タグをたくさん入れるため管理を簡単にしたいなど、様々なニーズがあると思います。

しかし、基本的にタグマネージャーだけでひとまとめに実装をしておいたほうが良いでしょう。

まとめ

タグの管理は実装側の気持ちを考えるととても大変です……

しかし、タグマネージャーを活用する事で、実装者の気持ちがわかるようになりますし、作業の効率化も狙う事ができます。

最初の設定は面倒かもしれませんが、ぜひ中長期的な視点で見て設定をしておく事をおすすめします。

コメントを残す




CAPTCHA