情報収集が超捗る!google検索の方法

from:本多康裕

googleの検索で使える裏技的なもの

以前google検索で電卓を使ったり、グラフ表示が出来たり、ブロック崩しを遊んだりできるという記事を書きました。

google検索でこんなこと出来るの知ってましたか?
http://honda-consulting.com/googlesearchurawaza/

また、OR検索やNOT検索、ワイルドカード、完全一致のことも書きました。

検索効率化!完全一致、除外、OR、ワイルドカードでの検索の仕方
http://honda-consulting.com/kensaku-kourituka/

で!今回は情報を収集するのにかなり捗る、google検索の方法をシェアしたいと思います。

サイト内で検索

サイト内での検索方法がこれです。
「site:URL 検索したいキーワード」

このブログを例にやってみるとこんな感じです。
サイトを指定して検索する方法
「site:http://honda-consulting.com/ マズローの欲求5段階説」
これをchromeのアドレスバーか、google検索に入力するとサイト内での検索ができます。

http://の部分はあっても無くてもOKのようです。
僕の場合はブラウザのアドレスバーからコピペするんで、勝手にhttp://が入力されます。

余談かも知れませんが、ページ内で検索する場合は「Ctrl + F」を押下すると小さな窓が出てくるのでそこにキーワードを入力したら幸せになれますよ。

拡張子を指定して、ファイルを検索

拡張子を指定して検索する方法

「filetype:拡張子 検索したいキーワード」

拡張子って言うのは、.PDFだったり.zipだったりファイル名の後に続くファイルの形式名です。

PCによっては、表示をしていないこともありますが、メール添付で送られてきたファイルとか、どこかにアップロードする場合に観たことがあると思います。

exl,doc,pptなどのオフィス系の拡張子も検索可能になります。

キャッシュをチェックする

見たいサイトに接続できなくなった・・・
見たいが閲覧できない・・・
見たい情報がなくなった・・・

そんなことってありませんか?

そういう時に便利なのが、キャッシュで閲覧するという方法です。

キャッシュとは、過去のデータのようなもので、キャッシュさえ残っていれば現在何らかの理由で閲覧できなくてもナントカなります(笑)

方法としては、
「cache:URL」だけです。
見れなくなったサイトを見る方法
これで残っていないと、googleの方にキャッシュが残っていないということになります・・・

でも、諦めたらそこで終了です。

海外のキャッシュ専門サイトで「Internet Archive: Wayback Machine」というサイトがあります。

WaybackMachineのキャプチャ
http://archive.org/web/web.php

もしかしたらここにあるかも知れません。

サブとして使ってみてください。

関連したサイトを検索する

「related:URL」

relateっていうのは、日本語で「関係」とか、「関連」って意味になります。

「related:http://honda-consulting.com/」って感じで似たようなサイトが探せます。
ただこのブログは、マーケティングやコンサルティングのことだけでなく、かなり色んなことを書いているからか似たサイトが無いようです(笑)
嬉しいような悲しいような、微妙な感じです。

ちなみに「related:www.youtube.com」も似たサイトがありませんでした。
これはいつの間にか、youtubeが暗号化されていることにも関係あると思います。

「related:2ch.net」では、まとめサイトがたくさん出てきました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の検索方法は、知らなければ使うことってないですよね?

でも知ってると何かと便利なんで、是非使ってみてください。

きっと情報収集が捗りますよ。

コメントを残す




CAPTCHA