【内部SEO】インデックス最適化!基本概要と6つの手順を解説

from:本多康裕

インデックス最適化
SEO内部対策の一つに「インデックス最適化」と言ったものがある事は知ってますか?

なんとなく聞いた事はあるけど、実際に中身はよく分かっていないという方もいる事でしょう。

そこで今回はインデックス最適化について解説をしていきます。

1.インデックス最適化とは?

そもそもインデックス最適化とは、クローラーが集めたwebページのデータを処理されやすいように整理された状態の事を指します。

クローラーが後でwebページを見直す際に、そのページを見つけやすくするために整理整頓をしておくイメージですね。

2.インデックス最適化の内容

インデックスを最適化するためには、いくつか行うべき項目があります。

その内容を説明していきます。

2-1.URLを長すぎないようにする

URLが長すぎるとユーザーにとってはもちろん、クローラーも混乱してしまいます。

ある程度短いURLに設定してシンプルかつ分かりやすいものにしておきましょう。

2-2.URLの区切りはハイフン『-』を使う

Googleが推奨している中でも、意外と見落としがちなのがこちらです。

URLを設定するときに、アンダーバー『_』を使う事も多いのですが、ハイフンを使う事を推奨しています。

細かい部分ですが設定をしておきましょう。

2-3.titleタグの最適化

titleタグは30文字前後で設定すると良いでしょう。
また、対策するキーワードをしっかりと入れておく事が大切です。

もちろん、不自然な形ではなく、自然に取り入れておく事が大切です。

ユーザーのニーズに沿った形のtitleタグをつけておきましょう。

2-4.meta descriptionの最適化

meta descriptionは120文字前後の設定をお勧めします。
そのwebページの中身の解説と表現しておきます。

こちらもキーワードを入れておく事が大切なのですが、むやみやたらに対策キーワードを盛り込んでしまう事は当然NGです。

あくまでも自然に取り入れる事を意識しておきましょう。

2-5.キーワードに関係するURLにする

簡潔なURLを作成する際のコツとして、キーワードと関連性のあるURLにしておきましょう。

例えば、「渋谷 ラーメン」と言った対策キーワードであるならば、「shibuya-ramen」などのURL設定にしておく事をお勧めします。

2-6.アンカーテキストの最適化

aタグのアンカーテキストは、しっかりとリンク先に関連性のあるものにしておく必要があります。

ユーザーも分かりやすいですし、クローラーもアンカーテキストをリンク先のキーワードとして捉えます。

しっかりとしたアンカーテキストにすることで、ユーザーの使いやすさ、リンク先ページの最適化にも繋がります。

まとめ

インデックス最適化は確かに面倒かもしれません。

ですがここをサボってしまうと、SEOがうまくいかない可能性があります。

クローラーにコンテンツの内容をしっかりと理解してもらうためにも、妥協せずに設定をしておきましょう。

コメントを残す




CAPTCHA