なぜ経営者はブログをやった方が良いのか?

from:本多康裕

何故ブログをやるのか?
このブログ、ほぼ日刊で書いています。

年末年始とか、通常業務が非常に忙しいとき以外は、ほぼ毎日ブログを書いているんです。

始めたばかりの時はまずドメインの慣らしみたいな状態だったので、数日に一回とかそんな感じでした。
でも、いつの間にか日刊ブログになっていきました。

子供のころ、日記を始めてみるものの連日「今日は何もなかた」って書いてた人間が、それなりにブログだと続けれるから不思議なものです(笑)

子供のころあれだけ、「日記は大事!」
と周りの大人が教えてくれたのに、なかなか出来なかったんですよね・・・

日記とブログは厳密には違いますが、やはりこの日々何かを書き残すということは大事ですよね。

そして、我々経営者にとってもブログはかなりおススメなんです。

んなわけで、今日はなぜブログを経営者がやるべきなのか?をお話ししたいと思います。

1.情報を発信できる

インターネットは個人でも情報を発信できるメディアです。

誰で出来るんですが、誰でも情報を発信できるからこそ、情報の信憑性が大事なんです。

たとえば○○ぽんとか○○太郎とかニックネームでブログをやっている人と
社名や本名を書いているブログだったら信憑性が違うのは当たり前ですよね?

とくにビジネスのことを書いたり、集客、ブランディングを目指すつもりでブログを運営するなら実名でなければ意味がありませんしね(笑)

この名前を名乗ることで、匿名の情報とは違う価値を生むわけです。

どこどこの社長さんの話を聞いてみたいって思っている人も多いのではないでしょうか?

2.頭が整理される

さてこのブログの記事を書くと、『情報を発信できる
っていうこと以外にも良いことがあります。

それはブログを書くことによって頭が整理されるってことです。

読書やセミナーで勉強している、勉強熱心な経営者なら特に効果があると思います。

せっかく学んだことでも、人間は1時間後には50%、1日後には74%を忘れてしまうっていう忘却曲線というデータまであるわけです。
そう、人間は思ったよりも記憶力が弱いんですよね(笑)

そこで自分なりに頭の整理をして書き残す意味でもブログは効果が抜群ですね。

3.学ぶポイントが増える

1を聞いて10を知る』なんて言葉がありますよね?
そんなことが、ブログを書くことによって可能になるわけです。

って言うのは、僕のブログの読者の方から言われて気づいたんですが、僕自身ビジネスと関係ないことからビジネスを学ぶことが多いんです。
普段あった何気ないことから、ビジネスのことを学ぶことができる。
なんか哲学みたいですね(笑)

学んだこと、感じたことをブログでアウトプットすることにより、新たな情報や学びを積極的にインプットしたくなっているわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はブログを書くメリットを3点紹介しました。

現在ブログをやっている人も、これからやる人もこの3つメリットをちょっとだけ意識してみると良いと思いますよ。

コメントを残す




CAPTCHA