コンサルタントは胡散臭い!

from:本多康裕

ショーンK
フジテレビ「とくダネ!」 や、テレビ朝日「報道ステーション」でお馴染みのコメンテーターであり、経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上が学歴詐称をしていたもようです。

そして、アメリカ人ととのハーフというのも、嘘だというクズっぷり。

本当に経営コンサルタントとして、海外に7社もコンサルティング会社を持っていたかも怪しいところ・・・

というか、きっと嘘ですよね・・・

こういう詐欺師みたいな奴がいるから、僕が「株式会社 本多コンサルティング」って名乗ると、たまに胡散臭いなんていう風に見られるんですよ!!
本当にいい加減にしてほしいです・・・

経営コンサルに学歴は関係ない?

経営コンサルタントって言っても、行う業務内容は幅広いんですが、実際、学歴だとか国籍だとかって本当に必要あると思いますか?

統計学やら、経済学など経営に関する学問を学ぶ場所としては、大学や大学院は本当に良い場所だと思いますが、ビジネスって常に動いているものなんですよね。
そして、ビジネス関係は変化が激しいんです。

だから、流行を追いかけたり、流行を先読みしたりすることも多いですし、結局勉強や情報収集をずっとし続けなければいけない職業なんですよね。

ですから、最低限の教養があれば、あんまりどこ大学出身なんてあんまり関係ないんですよね。
少なくてもWEBマーケティングや、ダイレクトレスポンスマーケティングにはまったく関係ないですね(笑)

中学しか卒業してない優秀な社長さんなんて、この世にたくさんいますしね。

なぜ、彼が詐欺師のように学歴や肩書を偽ったのか?

彼は、自分のことを「凄い奴に見せよう!」としていたわけです。

僕らもお医者さんや弁護士などに対して、この人は優秀そうだなって思ったり、素直に意見を受け入れてしまうことってありますよね?

我々日本人が、アメリカの大学出身とかっていう言葉、学歴に対して権威を感じてしまうという心理を狙っていたわけですね。

学歴を詐称したのは、コメンテーターとして・・・

僕が思うに、経営コンサルタントっていうのは、結果が大事ですから、学歴を詐称しても契約前くらいしかメリットがないわけです。
どれだけ学歴や、これまでの経験が凄くても、クライアントの会社を業績アップさせなければ意味がありませんからね。

どちらかと言うと、権威を感じさせて大きなギャラを貰えるコメンテーターの方がずっと楽ですし、結果にコミットする必要がないですからね(笑)
ちょっと変わった角度で発言しても、「頭の良い人は違うな~」って思って貰えるかもしれませんしね。

まとめ

コンサルタントは胡散臭い。

これは紛れもない事実です。
あなたも気をつけてくださいね。

多分、彼以上に嘘で固めた詐欺師みたいな奴いますから(笑)

コメントを残す




CAPTCHA