LINE@の基本解説と導入時の代表的なメリット3選

from:本多康裕

ライン@のメリットとは?

LINE@をビジネスで使い始めている企業や個人事業主は、かなりのスピードで増えています。

元々「LINE」自体が、多くの年代や性別を問わずに利用者を増やしています。
そこで「ビジネスでも使える」という観点から生まれたものがLINE@です。

LINEは元々、実店舗を持つ事業者のだけが利用の際の対象でした。
しかし2015年より、そこに改善があり、実店舗を持たないECサイトなども使えるようになりました。

今回はLINE@の基本的な解説と、活用方法について解説をしていきます。

1.LINE@ができることは?

LINE@ができることは、基本的に従来のLINEとは異なります。
LINEですと、自分の友達やグループトークのみで会話をすることができます。

しかしLINE@を使うことで、友達追加をしてくれたユーザーに向けて、クーポンの配布などをして実店舗への来店を促したりすることができます

また、イベントなどを開く場合は、その際のイベント情報などをLINE@で配信することもできます。

もちろん定的的にLINE@で情報発信をすることで、顧客とのコミュニケーションを取ることもできます。

2.LINE@のメリット

LINE@のメリットは複数あります。
一つ目は、メールアドレスに登録することと違い、ユーザー気軽に友達追加をできることです。

今までは”メルマガ”といった形で、メールアドレスを登録してくれた顧客に向けてメルマガを送っていました。
しかしメールで友達とやり取りをするという概念が徐々に薄まってきている中、LINEの友達追加で気軽に繋がることができます。

二つ目は、メッセージが読まれやすいというものです。

先ほどの内容と少しかぶってしまいますが、ユーザーからしてみると、メールボックスを開くという行為よりも、LINEを開く行為の方が簡単にできます。

そのため、LINE@からメッセージが届いたときに、ユーザーは比較的楽にメッセージを見ることができます。

三つ目は、ユーザーと発信者が気軽にやり取りをすることです。

ユーザーはLINE@の発信者に直接メッセージを送ることができます。
そしてLINE@の運営側も、それに対して返信をすることができるのです。

つまり個別で、普通にLINEをするのと同じ形でやり取りをすることができます。

まとめ

まとめると、3つのメリットがあります。

  • ユーザーが気軽に友達追加できる
  • 読まれやすいメッセージを送ることができる
  • 気軽にユーザーと発信者がやり取りできる

もちろん、さらに細かい部分を見れば、他にもメリットはあるはずです。

ですが、基本的なメリットはこの3つがあるので、ぜひ自身のマーケティング手法の一つとして活用してみてください。

コメントを残す




CAPTCHA