リスティング広告の基礎知識メリットとデメリットを解説

from:本多康裕

例:グーグルのリスティング広告
リスティング広告はご存知でしょうか?

別名は「検索連動型広告」と言います。
ユーザーがGoogleやYahoo!で検索した時に、検索結果に「広告」として表示される文章の事です。

webサイトやLP(ランディングページ)を持っているのであれば、ぜひ活用するべき手法といっても過言ではないかもしれません。

しかし、リスティング広告はどういった物なのかを知らない方もいるかもしれないので、今回はリスティング広告の基本的な概要について解説していきます。

1.リスティング広告とは?

先ほども述べたように、ユーザーの検索結果によって表示される広告の事を指します。
別名は検索連動型広告です。

検索結果に表示されるだけでは課金は発生せずに、クリックをされると課金は発生します。

2.リスティング広告のメリットとデメリット

どんな施策でも共通して言える事ですが、リスティング広告にも当然、メリットデメリットが存在します。

それぞれを見ていきたいと思います。

2-1.リスティング広告のメリット

一つ目は短期間で広告の掲載を開始する事ができる部分です。

仮にSEOですと、上位表示されるまでかなりの時間を要しますが、リスティングでしたら広告の掲載準備さえしてしまえば、すぐに上位表示が可能です。

もちろん、競合が多ければ簡単に上位表示する事はできませんが、その場合は入札単価を上げるなどして、対策をする事ができます。

二つ目は配信地域や時間帯等を絞り込める事ができる事です。

東京でしかサービスを展開していない物を配信するのに、東京以外にも配信するかどうかは考えるべきですよね。

ある程度のターゲティングができる事が魅力です。

三つ目は、クリックしてから始めて課金が発生する事です。
先ほども言いましたが、リスティング広告は表示されるだけでは課金は発生しません。

これによって、クリックされないと広告文に魅力がないと判断もできますし、すぐに変更をするなどの対策を打つ事ができます。

2-2.リスティング広告のデメリット

もちろんデメリットもあります。

一つ目は、キーワードによってはクリック単価が高い事です。

安い物であれば、数十円で運用が可能なのですが、物によっては数千円レベルのクリック単価を持つキーワードもあります。

あまりにもクリック単価が高いと、費用対効果を得られない場合もあるため、避けたほうが無難かもしれません。

二つ目は、運用の担当者によって成果が大きく変わってしまう事です。

やはり経験者なのかそうでないのかによって、成果が大きく変わってきてしまいます。

誰に運用を任せるべきかなどはしっかりと考えたほうが良いでしょう。

また、会社も大手企業だからといって、必ずしも全員が広告運用のエキスパートというわけではありません。しっかりと打ち合わせの際に、会話をして判断していってください。

まとめ

リスティング広告には、メリットもあればデメリットもあります。

自分自身で運用をする際も、代理店に頼む場合も、当然知識や経験のある方に運用をしてもらうほうが成果は出やすいです。

しっかりと実力を見極めて、運用を任せるかどうかも判断したほうが良いでしょう。

コメントを残す




CAPTCHA