LPとHPの違いとLPの基本的な知識についてしっかりと解説

from:本多康裕

ランディングページとホームページの違いとは?
ランディングページとホームページ(以下:LPとHP)の違いをご存知でしょうか?

意外と聞かれてみると、答えられない方が多いことが現実だと思います。
LPにはLPの魅力や特徴がありますし、HPも同様です。

そこで今回は意外と知られていないLPとHPの違いと、LPの特徴について解説していきます。

1.LP(ランディングページ)とはどういった物か?

まずLPとはどういった物であるかを解説していきます。

簡単な解説ではありますが、web上で縦長のページになっている物を見たことはないでしょうか?

商品やサービスの解説をしているのですが、下にスクロールしてみると、お客様の声が見えてきたり、商品の購入ボタンが随所に現れたりしてきます。

その他にも商品やサービスを使ってみての実績なども書かれています。

縦長の1ページのみで完結されているページをランディングページであると言っても良いかもしれません。

2.LPとHPの違いは?

当然、LPは一枚だけで商品やサービスの魅力などを伝える点が特徴的です。
そしてHPは複数のページが用意されていてそこにいくつもの商品やサービスが紹介されている場合が多いです。

1ページで完結するか否か」これがLPとHPの違いでしょう。

3.LPをわざわざ作る理由は?

一つ一つの商品やサービスを、しっかりと丁寧に解説することがLPの魅力であると言っても、それはHPでも可能なのではないか?と思われる方もいるはずです。

確かに複数の商品紹介を用意して、一つ一つを充実させれば、それだけでLPの代わりになります。
また、そもそもLPを作る必要性を感じないかもしれません。

ですが、人は選択肢を複数与えられると迷いを生じしてしまう傾向にあります。

そのため、HPの中にどれだけ魅力的なコンテンツを複数用意しても、その分迷いから最終的に購入ま至らないといったパターンもあるのです。

反対にLPであれば、最初から最後まで基本的に一つの商品やサービスに対して、一貫性を持って紹介できます。

そのため、最初から最後までユーザーがそこまで迷いを持つことが、比較的無くなるのです。

4.LPは広告と相性抜群

また、あなたはGoogleやYahoo!上で広告をクリックして、LPに飛んだことはないでしょうか?

広告文を見て「この広告気になる!」とユーザーはクリックします。
その先には、LPが用意されているため、ユーザーは読み進めます。

そしてその広告文とLPに一貫性があれば、ユーザーの購買意欲をさらに掻き立てることができるのです。

だからこそLPと広告はとても相性が良いと言えるのです。

まとめ

LPを理解するだけでも、web上の見方は変わってきます。

「こういった意図があってLPは作られているのかな」と考えながら、ぜひ色々なLPを見ていってください。

そしぜひLPを自社内でも活用して行ってくださいね。

コメントを残す




CAPTCHA