メルマガ執筆の際の基本構成6つの流れについて

from:本多康裕

メルマガの書き方「構成」
メルマガを運営している企業、そしてこれから導入を検討している企業であれば、メルマガの構成を悩んだことがあるのではないでしょうか?

実際にどのような文章の書き方であれば、ユーザーが文章を読んでくれるのか、いまいち掴めない部分があるはずです。

もちろん、「これが絶対に正解!」といったものはありませんが、ある程度参考にしておくべき構成は存在します。

そこで今回は、メルマガの基本的な構成について解説をしていきます。

1.メールの件名

初めのメールの件名はとても大切です。

ここをなんとなく作ってしまってはメールの開封率がガクッと下がってしまいます。

気をつける点としては、

  • 具体性を持たせる→具体性を持たせることで読者にイメージをしてもらいましょう
  • 緊急性を持たせる→期間限定などの少し煽りを入れられると良いでしょう
  • 価値を感じてもらう→このメールを読むことで得られるメリットをアピールしましょう

この3つを意識してタイトルを決めてください。

2.ファーストビュー

メールの冒頭の部分です。

記号などを使って、いつも決まった装飾などで「第何号」などの定型文を入れておいても良いです。

ある程度目立つ形を取れると良いですね。

3.挨拶文

最近あった時事ネタなどを入れて、簡単な挨拶をしておきましょう。

正直これは絶対ではありませんが、配信者の名前などを入れておくと親近感を与えることができるためオススメです。

4.目次

その日のメルマガの目次を入れておきましょう。

今日はこんなコンテンツを配信しますよ!
といった部分をアピールすることで、読者に内容をある程度イメージしてもらいましょう。

目次は長々と書くのではなく、読者を惹きつけるような内容にすることを意識ましょう。

5.そのメルマガの主要コンテンツ

その日のメルマガの本題に入ります。

もちろん、この部分はしっかりと力を入れて書き上げましょう。

ですが、あまりにも長文になってしまうと有料メルマガでもない限り、読者は飽きてしまいます。

だらだらと書くのではなく、1~3つほどの内容を内容濃く書き上げましょう。

6.まとめ(登録解除URL等)

その日のメルマガのまとめを書き上げましょう。
つまりまとめると◯◯な感じです」といった形にできると良いです。

「次回のメルマガはこんな物を配信します」といった、予告も入れておくと良いかもしれませんね。

また、しっかりと登録解除のURL等は用意しておきましょう。

これは特定電子メール法にもあるように、記載がないと法律違反となってしまいます。

まとめ

以上が、メルマガ執筆の際の基本的な構成になります。

もちろん、応用なども必要になってくるかもしれません。

ですが、まずはこの基本をしっかりと押さえておくようにしましょう。

コメントを残す




CAPTCHA