ぜひ取り入れたい!マーケティングオートメーションとは?

from:本多康裕

マーケティングを自動化するマーケティング・オートメーションって?

あなたはマーケティング・オートメーションというものを聞いたことがありますか?

今回は、そんなマーケティングオートメーションについて、主な機能などを紹介します。

読み終えた頃には使ってみたくなるかもしれませんね(笑)

マーケティングオートメーションって?

では、マーケティングオートメーションとは何なのでしょうか?

マーケティングをオートメーション(自動化)したものということです。
簡単に言うと、ターゲットの情報を管理して、メールやSNSなどにおけるマーケティングを自動化することです。

ターゲットを育てて、web担当者に良質なリスト送ってくれるわけですね。

マーケティングオートメーションで業務の一部を自動化させると、人為的エラーを減らすことができます。
その上、短時間でマーケティング業務を終わらせることができるため、生産性が劇的にアップするのです。

ここだけ聞くと、とても便利そうですね。

マーケティングオートメーションの主な機能

マーケティングオートメーションの主な機能を紹介します。

ページ制作

登録フォームやランディングページなど、簡単なページを作成します。

リード管理

属性情報とともに、リードの行動履歴を保存します。
コンタクト情報のみではなく、webサイトのアクセス状況やメール開封などの行動履歴も一括して管理します。

フォーム

登録フォームを作成する際に、マウス操作のみで簡単に作ることができる仕組みです。

スコアリング

スコアリングとは、主にwebサイト上の行動履歴など、リードの購買意欲を可視化することを指します。

リードナーチャリング

フォームから獲得したリードのニーズを調べて、最適なメールを送信します。

そして、リードの反応を見て、次のアクションを決定します。

マーケティングオートメーションの勘違い

とても便利なもののように見えるマーケティングオートメーション。

ですが、すべてを任せきりというわけにはいきません。
そこで、よくある勘違いを紹介します。

機械がすべて自動化してくれるわけではない

マーケティングオートメーションはすべての業務をやってくれるわけではありません。

どのタイミングで何のアクションを起こすか、事前に人間側の方で決めておかなくてはいけないのです。

それをマーケティングオートメーションに登録することで自動化がされます。
そのためには、ペルソナやカスタマージャーニーを作っておくことが大事です。

すぐには効果は出ない

効果が出るまでに半年以上は考えておかねばなりません。

それに、どのアクションを起こすか決めるのにも時間が掛かります。

導入する際には、これらを注意して購入したいものですね。

まとめ

いかがでしたか?

マーケティングオートメーションについて理解が深まったでしょうか?

マーケティングオートメーションは機能も値段もさまざまです。

金額の高いマーケティングオートメーションにいきなり手を出すことをせずに、まずは自社にあったものを購入して、効果を感じてから少しずつグレードを上げていくのが良いですね。

コメントを残す




CAPTCHA