従来のマーケティングと何が違う?One to Oneを解説!

from:本多康裕

ワントゥーワンマーケティングとは?
One to One(ワンツーワン)マーケティングというのを聞いたことがありますか?

このマーケティングは、従来の集団をターゲットとするマーケティングとは異なり、1人1人ピンポイントで施策を行います。

そのため、個人のニーズに合った商品やサービスを提供することができるのです。

今回は、One to Oneマーケティングのメリットや具体的な方法を紹介します。

One to Oneマーケティングとは?

One to Oneマーケティングとは何か?
より詳しく説明していきましょう。

One to Oneマーケティングは、1人1人のニーズに応えることにより、商品ではなく提供の仕方などから差別化を図ることができます。

ITが発達したことにより、One to Oneマーケティングのほとんどの作業を自動化して行うことができるようになっています。

難しい知識や技術が必要なわけではないんですよね(笑)

例えば、それぞれの顧客に合ったクーポンを配ったり、異なったページを表示したりすることが、One to Oneマーケティングといえます。

One to Oneのメリット

One to Oneは、何も印刷する必要がないため、コストがかかりません。
表示される広告はユーザーが求めている情報にちなんだものなので、煩わしいと思わることもないでしょう。

難しいことだと思われがちですが、Cookieのシステムを利用すれば良いだけので、導入する際に敷居が低いと言えます。

意欲の高いユーザーに効果的にアプローチできるので、購入される確率が高いです。

One to Oneの具体的な方法

ではどのようにして、One to Oneを行うのでしょうか?
その方法は大きく分けて2つあります。

1.レコメンデーション

Amazonなどにある「あなたにおすすめ」の機能のことです。
これは、買った商品や過去に閲覧した商品に関連して、おすすめの商品を紹介してくれます。

他にも、その商品を購入した他の人がチェックした商品を勧めてくれたりします。

レコメンデーションの技術は、大きく4つのタイプに分けることができます。

ルールベース

あらかじめ決めたルールによって、商品をおすすめするタイプです。
例えば、Aを購入した人には、Bを紹介することなどがそうですね

コンテンツベース

類似性を元に、購入した商品と似ているものをおすすめするタイプです。
健康食品を購入した人に、サプリメントを紹介することなどが当てはまります。

協調フィルタリング

ターゲットと類似したユーザーが購入した商品をおすすめするタイプです。
有名なのは、Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という表示です。

ベイジアンネットワーク

商品の属性、ユーザー属性、行動など、さまざまな情報をもとに、複雑な計算を行い、ターゲットが購入しそうな商品をおすすめします。

2.マーケティングオートメーション

もうひとつは、マーケティングオートメーションです。

興味や行動が違うそれぞれのターゲットとコミュニケーションをとるために開発されたツールのことです。

例で言うと、リマインドメール(お知らせなどのメール)やリターゲティング広告などですね。

まとめ

いかがでしたか?

One to Oneマーケティングのメリットや具体的な方法について理解が深まったでしょうか?

One to Oneマーケティングはとても有効的な方法です。
ぜひ、挑戦してみてくださいね!

コメントを残す




CAPTCHA