基本中の基本!SEO対策を知るための3つの考え方

from:本多康裕

SEO対策の基本中の基本
今やweb業界のみならず、webサイトを扱っている企業であればほとんどの人が耳にしたことのある「SEO対策」。

SEOとは(Search Engine Optimization)つまり「検索エンジン最適化」の略ですよね。

多くの方は、どれだけ自社のサイトやクライアントのサイトなどを、上位表示させることに必死です……
ですが、本当に基本的な考え方を忘れがちなこともあります。

そこで今回は、SEOの基本的なことを知るために解説をしていきたいと思います。

1.SEO対策の現実

SEO対策は以前は、とにかく検索順位を上げたいと考えるサイトに対して、外部からのURLを大量に用意するという手法が主流となっていました。

実際に当時はそれだけで上位表示は達成できていたんです。
ですが、現在は粗悪な自作自演の被リンク行為は全く評価されなくなってきました。

2.外部対策は古い

Googleには「ユーザーにとって本当に価値のあるものを届ける必要がある」との理念を謳っています。

そのため、ただ単に外部からの被リンクを大量に用意されたコンテンツを上位表示させる行為は、理念に反した行為なのです、

実際にあなたがGoogleなどで調べ物をした時に、自分自身のニーズに沿ったサイトなどが表示されてこないと、とてもストレスに感じてしまいますよね?

だからこそGoogleは「本当に質の高いもの」だけをユーザーに届けると、はっきりと述べているのです。

3.二通りの検索キーワード

ユーザーが検索をする際、二つの検索の方法があります。
一つ目は「会社名やブランド名、サービス名」などの直接的な検索方法。

こちらは正直なところ、SEO対策などは必要ありません。
むしろ会社名を検索して表示がされないことは、その時点で問題となっているため、何かしらの対策をしたほうが良いです。

二つ目は「ユーザーのニーズ」などの検索方法です。
こちらは「新宿 居酒屋 安い」などのユーザーのニーズ系を検索する形です。

実際にSEO対策を行うのであれば、こちらをしっかりと対策していかないとなりません。

従来であれば、外部からの悪質で粗悪な被リンクを自作自演で用意し、それを量産していけば検索上位を達成することができました。

ですが、今は本当にユーザーにとって良いと思えるようなコンテンツを用意すれば、しっかりとそれが評価される時代です。

キーワードから考えられるニーズを汲み取って、しっかりとコンテンツを作成することをお勧めします。

4.最後に

SEO対策はかなり奥が深いです。

ですが、大まかに必要なことは「ユーザーのニーズに応えること」のみです。
これさえ行えば、しっかりとしたSEO対策をすることができます。

まずは、素晴らしいコンテンツを作ることをしっかりと意識してみてください。

コメントを残す




CAPTCHA