内部SEO!titleタグとmeta descriptionの最適化について

from:本多康裕

タイトルとディスクリプション
SEO対策には、内部対策の重要性が高いと認知されてきています。
実際に内部対策をしっかりと行うだけで、検索の表示順位が驚くほど上がってくる事も少なくはありません。

とは言っても、それぐらい重要な内部対策なのに、「内部対策って何?」と思われている方が多いのは事実です。

そこで今回は内部SEO対策の基本となっているtitleタグmeta descriptionの最適化について解説していきます。

1.titleタグの最適化

titleタグの最適化は必要最低限の対策となります。
文字数は様々な推奨数がありますが、30文字前後と考えておけば問題ないでしょう。

そして、対策したいキーワードをしっかりとtitleタグに入れる事を忘れないようにしましょう。

例えば「渋谷 ラーメン」というキーワードでコンテンツを書いて行く際は、「実際に食べてみた!渋谷で絶対に食べるべきラーメン10選」このようにキーワードを入れておく必要があります。

検索するユーザーの事を考えて、検索した際のキーワードがtitleタグにはいっているだけでも、「読んでみたい」と思われる可能性があります。

そのため、titleタグを適当に考えるのではなく、しっかりとニーズに沿った決め方をしましょう。

また実際に対策したいキーワードをグーグルで検索してみて、上位表示されているサイトは競合となります。

そこよりも魅力的なtitleタグを考えるだけでも差別化を図る事ができますよね。

2.meta descriptionの最適化

meta descriptionもtitleタグと同様で、対策キーワードをしっかりと説明ないに含める必要があります。

meta description内に検索したキーワードが含まれていないと、ユーザーも「このサイトには知りたい情報がないかも」と感じる可能性があります。
手を抜かずにしっかりと設定しておきましょう。

また、文字数は120文字前後と考えておきましょう。
meta descriptionもtitleタグと同様、「絶対にこの文字数!」と言った制限はありません。

また、meta descriptionはスマートフォンで見る際は、50文字前後で表示されます。
そのため、スマホユーザーの事を考えて、最初の50文字前後である程度のページの説明をするようにしておくと良いでしょう。

まとめ

titleタグとmeta descriptionは意外と忘れがちな対策箇所です。
内容を考える事は確かに面倒かもしれませんが、こういった最低限やるべき事は対策しておく必要があります。

ぜひSEO対策の一つとして設定しておきましょう。

コメントを残す




CAPTCHA