Twitter広告の6種類の基本的要素をじっくりと解説

from:本多康裕

Twitter広告の6種類
BtoC企業であれば特に導入をしているSNS広告。
特にTwitter広告は若い層を相手に広告配信をしやすいツールの一つとなっています。

Twitterは利用者の半分が10-20代で占めているような、若い層を特にターゲットとできるSNSです。

Twitterを運用するだけでも企業のアピールができるのですが、広告を使うことで、よりアピールをすることができます。

そこで今回は、Twitter広告の基本的な6つの機能について解説していきます。

1.Twitter広告の6つの機能について

Twitter広告は大きく分けて6つの配信方法があります。

これらをしっかりと理解して、どのような層に向けてアピールをしていきたいのかを考えておくと良いでしょう。

1-1.フォロワーを獲得する

Twitterを運営する以上、まずはフォロワーを獲得することが大切な指標と言っても過言ではありません。

もちろん、面白いツイートやタメになるツイートをすることで、拡散を狙うことができます。

しかし、拡散能力が強いといっても、やはり最低限のフォロワー数は必要といっても過言ではないでしょう。

アカウントを開設して間もなくて、フォロワーをまずは獲得したいという方には向いているかもしれません。

フォロワーを獲得できた時点で、始めて課金が発生する広告のタイプです。

1-2.webサイトへの誘導

サイト内へのアクセスを増やし、CVを発生したいと考えている方向けの広告配信方法です。

サイト内へ誘導さえしてしまって、あとはサイト内で高い確率でCVを獲得できる自信があるのであれば、こちらの広告配信方法はオススメです。

サイト内がしっかりと整備されていなければ、反対にあまり取り入れるべき方法ではないでしょう。

1-3.ツイートを拡散・認知させる

すでにある企業のアカウントのフォロワーでも、他にターゲティングをしたフォロワーでも、ツイートの拡散いいね獲得などを狙っているのであれば、こちらの広告配信は良いでしょう。

「拡散して認知を増やせそう」といった確率性が高いのであれば、ぜひ活用してみてください。

ターゲットとしているユーザーがいいねやリツイートなどをした時に、課金が発生いたします。

1-4.アプリのインストール

アプリのインストールをさせる為に活用できる広告配信方法です。

新しくアプリを作ったりするときに、ぜひ活用してみてください。

1-5.メールアドレス獲得

こちらは、メールマーケティングなどを得意としている企業にオススメです。

自社のアカウントに興味のあるTwitterのユーザーに対して、アドレスを獲得することができます。

ただ最近は複数のアカウントを持っているユーザーもいるため、サブのアドレスでTwitterに登録している可能性もあります。

1-6.動画再生広告

「動画の時代」と言われても過言ではありません。

そのため、動画を使った自社のプロモーションもできます。

画像よりも、より目に止まりやすい広告なので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

Twitter広告を取り入れている企業はそこまで多くありません。

そのため、若い世代を対象としている企業であれば、活用してみるチャンスは大いにあるでしょう。

ぜひ検討してみてください。

コメントを残す




CAPTCHA