絶対、売上を増やせない会社とは?

from:本多康裕

儲からない理由とは?
売上を増やすというのは、思ったより簡単なんです。

こう言うと、多くの方がびっくりしますが(笑)

でも、簡単なのは確かです。
ですが、もちろん条件があります。

頑張ってやれば簡単。

逆にやらない人や、続かない人は何をやってもうまくいきません。

そして、費用対効果を理解していない人も・・・

無料診断

先日、ある方からメールでお問い合わせを頂いたんです。

お問合せをいただいてから、スカイプで無料コンサルを1回しました。

彼は、ある工事関係のビジネスをしている方でした。

少し話すと、とにかく売上をあげる方法を教えてほしいと仰いました。

ですが、極力費用や手間、時間はかけたくない。
僕に支払うコンサルフィー(費用)は、出来高払いにして欲しい。
もしうまくいかなかったら、掛かった費用は弁償して欲しいとのことでした。

コンサルタントは家庭教師

紛いにも僕は、コンサルタントなわけです。

出来高払いや、もしダメだったら費用を返すってのは、別に可能といえば可能です。

ですが、そんな気持ちでビジネスを考えている人がうまくいくと思いますか?

ビジネスには差別化する方法、顧客を見つける方法、見込み客と絆をつくる方法などなどいろんな方法論があります。
でも結局は、その方法論を知って、使いこなすという作業が必要になるわけですよね。

また、売上をアップさせるには、切っても切り離せないのが「お客さん」。

彼にどんなお客さんがいて、どんなお客さんが相応しいのか?
って大事なポイントは、僕よりも実際にビジネスをしている人のほうが詳しいわけなんです。

結局、僕らコンサルタントは、予備校の先生や家庭教師、コーチのようなものです。
どうしてもご自身で決断していただけなければならないことだってあるわけなんです。

シナリオやゴールを相談して決めて、一緒に頑張っていくしかないんですよね。

そんな状態で費用は完全出来高払いとか、出来なかった時の費用の弁償とかって言ってくるのは、もう僕の手には負えないってことなんです。

申しわけありませんが、久しぶりにお断りさせていただきました・・・

売上をあげる方法は、かなり色々試したことがありますし、なるべく費用がかからない方法だって知っています。

もともと、僕たちビジネスマンは投資が必要です。
ある意味ではギャンブルのように投資をしていかなきゃ、それ以上の利益を得ることができないわけなんですよね。

釣りでいう竿や、リールなんですよね(笑)
僕たちは、その道具を適した場所で使って効果的に魚を釣るために、アドバイスしたりテストしたりするわけなんですよね。

まとめ

これは、僕がコンサルフィーを貰えない可能性があるから言ってるんでは、ありませんよ(笑)

ビジネスに対する姿勢が甘い考えの人や、業者に丸投げする人は危険だと言ってるわけです。

費用対効果を考えて投資することをお勧めします。

コメントを残す




CAPTCHA