顧客情報の蓄積を生かしたデータベースマーケティングの基礎について

from:本多康裕

データベースマーケティングとは?

顧客ごとに適した商品やサービスを、効率的に紹介できたらいいのになぁ!
このように考える事も多いのではないでしょうか?

そんな時に必要なマーケティング手法が、「データベースマーケティング」といったものです。

これを効率的に活用する事で、販売するサービスや商品を顧客に適したものとして提供する事ができます。

そこで今回は、データベースマーケティングの基礎的な部分について解説していきたいと思います。

1.データベースマーケティングとは?

データベースマーケティングを簡単に解説すると、以下のような形になります。

  • 顧客のデータベースを自社に蓄積し顧客ごとの分析を行う
  • その顧客ごとに適した商品やサービスを抽出する

つまり、個人個人によって適した商品は違ってくる状況の中で、効率的にその人に適した商品やサービスを提供していくという形になります。

2.どのような企業に向いているのか?

一概には言えないのですが、顧客の購入履歴などを大量に持っている企業には向いています。

反対に言うと、そうでもしないと一人一人の顧客を相手に分析などをする事が難しいからです。

またこれは大前提となりますが、顧客の購入履歴などをしっかりと蓄積できる企業であれば、活用する事は可能です。

顧客情報を管理できないようなサイト等を運営しているのであれば、データベースマーケティングは難しいといえるでしょう。

3.データベースマーケティングを行う際の考え方

データベースマーケティングを行う理由として、顧客との関係性を構築する事が目的の一つとなっている事が挙げられます。

従来のマーケティングはダイレクトマーケティングが主流となっていました。(ダイレクトマーケティングは多くのお客様に同じように教育・販売をしていました。)

しかしこれでは、一人一人の顧客に適した販売方法がわかりませんし、そもそも適した商品やサービスも分かりません。
だからこそ、データベースマーケティングは必要とされているのです。

分析をしていく中で、自社の顧客にどのような人たちが多いのかを把握する事が出来れば、大きなローンチを掛けることもできますし、優良な顧客のライフスタイル等もある程度予想できます。

多くの企業は予想以上に顧客を大切にしていません
圧倒的に顧客の事を考えていれば、自ずとその人たちの心に響く商品の案内などもできるのです。

まとめ

顧客の情報はなるべく取り入れて、それをマーケティングに活かせるようにしていきましょう。
1日ごとの蓄積できるデータ数は少なくても少しずつ蓄積をすることができれば、長期的に効果を発揮します。

そして、しっかりと顧客視点に立ったマーケティングを展開できるでしょう。

コメントを残す




CAPTCHA