顧客との関係性を構築するone to oneマーケティングの考え方

from:本多康裕

one to oneマーケティングとは?
IT業界の発展により、マスマーケティングが主流となっていた時代がありました。
しかし正直なところ、この手法は少し古いと言えるかもしれません。

今の時代は、一人一人の顧客としっかりと向き合うことができた企業が、生き残っている傾向にあります。

つまりマーケティングの手法が変化しているのです。
そのマーケティング手法の代表格として扱われているのが、「one to one マーケティング」です。

one to one マーケティングとは、顧客の一人の情報などとしっかりと向き合い、それに適した商品やサービスを販売する手法を指します。

1.one to one マーケティングが主流となった背景

一昔前までは、IT業界が盛んとなってきた時代でした。
そのため、マスマーケティングを活用することで、大量の見込み客に向けて商品やサービスの販売をすることができていました。

しかし今の時代は情報が溢れすぎています
そのため、たくさん情報の中から個人個人は商品等を選択しなくてはなりません。

その中で当たり前となってきた考え方の一つに、「この店でしか買わない!」「この店の世界観や雰囲気が好き!」といった物が出てきました。

そのため、一人の顧客をしっかりと囲い込むことができれば、自然とその人たちを一生の顧客にすることも可能になるのです。

2.one to one マーケティングのメリット

one to one マーケティングは、リピーターを生み出すことに適したマーケティング手法です。
当然かもしれませんが、一人一人の顧客にしっかりと向き合うことができれば、その人たちに適した商品を販売することができます。

そのため、一度商品を買って終わりではなく、何度も商品を買ってもらえる可能性が高まるのです。

顧客のライフスタイルまでも考えているからこそ実践できるマーケティング手法なのです。

3.one to one マーケティングで大切なこと

また、one to one マーケティングを実践するにあたって、ただ顧客の考え方や思考だけを知っているだけではいけないという意見もあります。

顧客のライフスタイルや趣味嗜好なども同時に理解して、「どの商品やサービスが適しているのか?」に加えて、「どのタイミングで商品やサービスを提供するべきか?」も分析しなくてはいけません。

個人に合わせて商品を販売することも大切ですが、それと同時にタイミングも重要です。
どんなにその人にとって魅力的な商品であっても、「今はいいかな~」と思われてしまってはおしまいです。

実際に顧客と対面やアンケートで会話をして「どんな時に商品を欲しいと感じるのか?」などの分析も必要となっていくでしょう。

まとめ

顧客のことを最大限に理解することは簡単ではありません。
しかし、簡単ではないからこそまだまだ取り入れていない企業も多いです。

このチャンス・タイミングを生かして、ぜひone to one マーケティングを意識した手法を活用してみてくださいね。

コメントを残す




CAPTCHA