リスティング広告効果絶大!プレミアムポジションとその方法とは?

from:本多康裕

プレミアムポジションをとるためには?

リスティング広告で結果が出ないけど、どうすればいいのだろう?
このような悩みを抱えているときもあるのではないのでしょうか?

人によって色々と対策の方法は違うと思います。

しかし、基本的かつ王道の対策がリスティング広告の運用には存在します。

そこで今回は、リスティング運用の成果を改善するための王道である、3つの方法について解説していきます。

1.そもそも『結果』とは何を指すのか

そもそもリスティング広告における成果とは、どのようなものを指すのでしょうか。

これは特別なものはなく、シンプルにCV(コンバージョン)を達成することです。
企業や扱っているサービスによってCVは変わってきますので、特に指定はありません。

一般的なものでは、商品やサービスの購入、セミナーの申し込み、メルマガへの登録などがあります。

どこにCVを設定しているのかだけでも、再確認しておいても良いかもしれません。

2.プレミアムポジションを狙う

そして、CV数を増やすために必要な施策としてプレミアムポジションを占めることです。

プレミアムポジションとは簡単に言うと、検索をした時の広告の1ページ目の上部に当たる部分です。

ここに広告文が掲載されるだけで、かなりクリック率が高まります。
反対に1ページ目の下部に広告が掲載されると、これだけでクリック率はぐっと下がると言われています。

プレミアムポジションに広告を掲載することができれば、一気にクリック数、CV数が高まる可能性があるため、それを達成するための方法を解説していきます。

2-1.入札単価を上げる

一つ目の施策は入札単価を上げることです。
とても基本的な方法ではありますが、これをするだけで平均掲載順位が上がる可能性があります。

しかし、掲載順位が上がっても単純にクリック単価が上がってしまうため、費用が多くかかってしまうというデメリットも伴います

2-2.LPの精度を上げる

少し時間は掛かりますが、LPを思い切ってリニューアルすることも一つの手です。
やはりLPの精度があまりにも低いと、ユーザーがせっかく訪問してもCVまで至らないという結果に陥ることは簡単に想像できます。

それに加えて掲載順位を上げることを考えると、LPの精度が低いと掲載順位が下がってしまうのです。
ユーザーにとって価値のあるものかどうか?」という部分から、そうではないと判断された場合、掲載結果は低いものとなります。

反対に良いLPであれば、自然と掲載順位は高まるのです。

2-3.広告文の見直しをする

広告文の見直しも大切です。

LPと関連性のある広告文であれば、品質スコアが上がるため、掲載順位が上がります

設定しているキーワードが広告文に入っているかなどを見ておくと良いでしょう。

まとめ

プレミアムポジションに広告を掲載することで、クリック数が増えることはほぼ間違いないでしょう。

ぜひ対策をして上位表示を達成できるようにしていきましょう。

コメントを残す




CAPTCHA