ホワイトハットSEOのガイドラインに沿った4つのSEO対策

from:本多康裕

最新のホワイトハットSEOとは?
SEO対策をする上で当然の施作となっている「ホワイトハットSEO」があります。

ホワイトハットSEOとは、Googleの検索エンジンのガイドラインに沿ってウェブサイトを最適化する事です。

当たり前の事のように思える対策でも、意外とできていなかったり、また意外とそのような対策を知らない人もいるんですよね。

そこで今回は、ホワイトハットSEOの内容についてじっくりと解説していきたいと思います。

1.ホワイトハットSEOの本質とは

ホワイトハットSEOの本質は、「ユーザーが満足してくれるコンテンツを提供する事」これに限ります。

また、コンテンツ一つ一つを良くする事はもちろん、サイト全般的にユーザーの使いやすさなども理解しておく必要があります。

ホワイトハットSEOの対義語にブラックハットSEOがありますが、このSEO対策は終焉を迎えたと言っても過言ではありません。

理由はシンプルで、ブラックハットSEOは「Googleの理念に背いた対策」だからです。

もちろん一昔前はブラックハットSEOでも通用しました。
ですが、アルゴリズムが進化したGoogleに、それは通用しません。

だからこそ、今はホワイトハットSEOをしっかりと行う方が、結果も出やすいのです。

2.ホワイトハットSEOの具体的対策

ホワイトハットSEOには具体的対策が大きく分けて4つほどあります。

まずはこの4つをしっかりと抑える事で、最低限かつ効果的なSEO対策を行う事ができるのです。

ターゲット像とテーマを明確にする

自社で取り扱っているサービスや商品があると思いますが、それを本当に欲しがっていたり、必要としているユーザーを理解する事が必要になります。

誰を相手にしているのか?」をしっかりと理解しておかないと、間違ったコンテンツやサイトの作成を行ってしまいます。

そしてターゲットが決まった後は、そのターゲットの為になるようなコンテンツを作り上げる事を意識してください。

コンテンツをわかりやすくまとめる

コンテンツのそもそもの内容も大切ですが、ユーザーが読みやすいような構造分けも重要です。

簡単に解説すると、コンテンツ内に「h1」、「h2」をしっかりと使って、見出しをそれぞれつけていきましょう。

慣れないうちは、分けすぎているかな?
と思うぐらいに見出し分けをしていきましょう。

クローラーの事も考える

ユーザー第一のコンテンツ内容も大切ですが、それと同時にクローラーがサイト内を巡回したときの事も考えて設定をしていきましょう。

「titleタグ」「meta descripiton」「hタグ」この代表的な設定をしっかりと行う事が大切です。

コンテンツを充実させる(コピーコンテンツはもってのほか)

しっかりとした内容のコンテンツを作り上げる必要があります。
もちろん他のコンテンツをコピーする事はNGです。

独自の為になるようなサイトを作り上げる事を意識してください。

まとめ

以上がホワイトハットSEOの基本概要と、絶対に行うべき4つの施作です。

意外と忘れがちになっている基本的な施作をしっかりと行うだけでも、SEO対策の一つになっています。

最低限の対策ではありますが、ぜひ行っていただきたい施作です。

コメントを残す




CAPTCHA