実際に書いてみよう!コンテンツマーケティングの構造と制作ポイント

from:本多康裕

コンテンツマーケティングを始める前に読むべきまとめ
コンテンツを作成する前には、ゴール設定やペルソナ設定など、さまざまなことを決めなくてはいけません。

それらを乗り越えて、「さあ、コンテンツを制作するぞ!」というところまでやってきました。

ですが、気を抜かないようにしてくださいね。
ここからが本番です(笑)

今回は、コンテンツの構造と実際にコンテンツを書く際のポイントをまとめました。

コンテンツの構造

web媒体の記事は、書籍や雑誌などの紙媒体の記事より、飽きられやすい傾向があります。
紙媒体の記事は有料であることが多く、そこには自主的にお金を払ったという読者の目的意識があります。

しかし、web記事の大半は無料で、たまたま目に入ったものに過ぎません。

クリックひとつで他の記事に移動することができるのです。

そのため、web記事は「読みやすく」「わかりやすい」ものでなくてはいけないわけです。

アウトラインを決める

実際に書き始める前に、骨子となるアウトラインを作成しておくと、執筆の時間短縮になります。

アウトラインに入れておくべき要素を以下に示します。

  • 仮タイトル
  • 読者の課題
  • 解決策
  • 根拠
  • エピソード
  • 結論

文章構造のひな形を使う

アウトラインを決めた後は、それらを文章に落とし込みます。

便利なひな形があるので以下に紹介しますね。

コンテンツ作成のためのひな形

記事タイトル
リード文(導入部分)

小見出し1
段落1

小見出し2
段落2

小見出し3
段落3

まとめ

注意点

導入部分であるリード文は、ジェットコースターを意識して、読者の興味を惹き付けます。

本編は、説得力が増すように具体例や数字を用いて書いていきましょう。
時折、箇条書きを用いると読みやすくていいですね。

コンテンツ制作のポイント

上記では構造を説明していきましたが、今度は文章を書く上でのポイントを紹介します。

完璧主義にならない

完璧を求めると、書きたくても書けないという状態に陥ります。
100点満点を目指すのではなく、その6割くらいをとるつもりで書いていくと良いですね。

野球で言うなら、どんな優れたバッターでも3割とかですから、6割でも高いかもしれませんよ(笑)

語りかけるように書く

実際に顧客が目の前にいるかのように、話し言葉で書いてみましょう。
ここでも「わかりやすさ」が重要になってきます。

声に出しながら書くのもひとつの手ですね。
実際に僕の周りでも、iphoneの音声入力でブログを書いている人もいます。

文章は短く

日本語はいつまでもだらだらと書くことができます。

1つの文章の長さは40~60文字以内が良いと言われていますね。
スマホで読むことも考えて、段落も多めにとることが重要です。

重要なことは、装飾で目立たせる

フォントの色やサイズを変えると、そこが重要なのだなというのがすぐにわかりますね。

協調箇所を増やしすぎるのは問題ですが、ほどほどの装飾は、文章が読みやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

ここではビジネスブログを中心にコンテンツの書き方を説明してきました。
内容が役に立ったでしょうか?

これが正解というものはありませんが、ある程度、有益な構造が既にあるのです。
これらを使わない手はないですね。

コメントを残す




CAPTCHA