山本昌の引退はまだ信じられない

from:本多康裕

僕がこのブログに中日ドラゴンズ関係の話を書くとアクセスが下がります(笑)
でも、今回は名古屋人でありドラゴンズファンの僕にとってとても衝撃的なことがあったので書かせていただきます。

それは、タイトルにも書きましたが、球界最年長の中日・山本昌投手(50)が現役引退を発表したというニュース。
これには、全国のプロ野球ファンもかなりの衝撃を受けたようです。

生きるレジェンドの山本昌選手。
何故だか、これからもずっとドラゴンズでプレイしてるような気でいました。
まあ、いつか引退するのは当然なんですけどね・・・

選手生活が長い山本昌選手に思い出がある野球ファンもきっと多いはずです。

僕は小学校の時、今の名古屋ドームでなく、名古屋球場という前の球場に野球観戦に行きました。

父がどこかからもらってきたチケットは何故だかいつも3塁側。
それでも山本昌選手と今中選手が投げる時はほとんど勝てるし、ワクワク感がすごかったんです。

今中選手は、僕が大人になってからとあるお店で接客対応したことがあります。
思ったよりクールな印象でとても大人の魅力がある男性でした(自慢)

山本昌選手が投げる日は、何故だか点数の競った試合が多く本当に面白かったです。

そんな子供のころに応援していた選手が今、引退します。
山本昌選手がいないドラゴンズを観たことがない僕は、来年からどんな気持ちで応援すればいいのか?
子供のころの淡い記憶の一部が終わりを告げるような悲しさがあります。

でも、引退というのはスポーツ選手にとってある意味では、一つの目標かもしれません。
「有終の美を飾る」という言葉もあるように、どんな現役をおくり、最後はどんな形で迎えるのか?

そしてファンである人々が、これまでの現役生活に賛美をおくる。
そんなのが、最高のプロスポーツ選手の最後だと思います。

そして、スポーツの世界だけでなく「終活」というように、我々日本人もどのような終わりを迎えるのが大事だと言われています。

どんな人生のゴールを目標にして、そのために今何が出来るか?
目標のために明日、明後日は何ができるか?
そして、10年後20年後あなたは何をしているか?

そんな深い思いを考えさせられた、山本昌さんの引退でした・・・

コメントを残す




CAPTCHA