YouTubeを使った動画マーケティングの方法とは?

from:本多康裕

ユーチューブマーケティングとは?
最近、web上の広告運用などを使った宣伝方法は主流となっていますよね?

以前まではチラシなどや道路の交差点付近にある広告が主流でした。
ですが、時代の移り変わりとともに、宣伝方法も大きく変わってきています。

そしてさらにここ最近で大きく活用されてきているマーケティング・宣伝の手法として、動画が占める割合がとても大きくなってきました。
その中でもやはり「YouTube」が中心となってきています。

しかしながら、未だに動画を使った手法を取り入れていない企業も多いです。

そこで今回はYouTubeの基本的な使い方について解説していきます。

1.そもそもYouTubeとは?

Youtubeの歴史は、アメリカのユーチューブ・エルエルシーが2005年より運営する動画共有サービスでした。
現在はグーグルが運営しています。

投稿されている動画の種類は様々ですが、個人的な日常の風景を撮ったものもありますし、自分自身のライフスタイルなどを移したりと、様々な種類のものがあります。

ここ数年で、一気に気軽に動画を投稿できるというメリットを生かして、Youtubeを宣伝をする際の広告として利用している企業やブランドも多く、様々な形で利用されています。

2.投稿の仕方は?

実際にYouTubeに動画を投稿するには、無料の会員登録が必要となります。

会員登録の手順として、YouTubeにアクセスをした後、「ログイン」→「アカウント作成」→「情報等の入力」を行います。

会員登録ができた後に、ついに動画の投稿が可能となります。
「アップロード」を選択した後に、投稿をしたい動画を選んでいきます。

動画を投稿する際に、誰もがその動画を見ることが出来る「公開設定」、自分だけが動画を見ることが出来る「非公開設定」があります。

もちろんスマートフォンからでも動画の投稿は可能になります。

すでに端末に保存している動画をアップロードを投稿すことはもちろん、その場で撮った動画を投稿することも可能であるため、パソコンよりも手軽に投稿が出来るという利点があります。

3.動画配信のコツ

動画の投稿のコツとしては、お店のコンセプトや会社の雰囲気などから、大きくずらさない方が良いですが、一番大切なことは「独自性」を表現することです。

また、それと同時に動画を何度か投稿していくうちに、「どういった動画の反応は良くなくて、どういった動画の反応は良いのか」などの分析をしていくことも大切です。

色々と試していくうちに判断をしていくことを心がけていきましょう。

まとめ

動画を使ったマーケティングが当たり前となってきた時代。

もし予算に余裕があるのならば、無料の投稿のみではなく、動画広告を試してみても良いかもしれません。

様々な動画を試してみてください。

コメントを残す




CAPTCHA