マクドナルドの失敗

from:本多康裕

マック
数年前、マクドナルドに行ったときのこと。

重いガラスのドアを開けると、また重いガラスのドアがありました。

そんなドアを引いて店舗に入ろうとした時……
たまたま、食べ終わったであろう女子大生っぽい2人組が外へ出ようとしていたので、「どうぞ!」と言ってドアを支えて開けておいたんです。

その女性2人は、とびっきりの笑顔で「ありがとう~」って言って外へ歩いていきました。

なんか良いことをした気分でした(笑)

このころ僕は、こういう偽善が大好きだったんです。

面倒だと思いながらも、落とし物を届けたり、募金をしたりして「俺って偽善者~」って遊びをしていたんです(笑)
なんとも我ながら変な奴でした……

マクドナルドのレジにて

レジ前で、立ち止まりメニュー表を見上げるも、なんだかメニューがわかりずらい……

結局、大好物のフィレオフィッシュセットを頼むんで、席について待ってました。

周りを見渡すと、周りは小学生ばかり。
ほとんどが任天堂DSをやっていました。

靴を履いたままで、椅子に立つ子。
うわー!!!」とかわかりやすく叫ぶ子。
ポテトを友達に向かって投げて遊ぶ子。

子供が苦手だった僕は、その場所が絶えれなかった……

あれからもう数年、マクドナルドには行っていないんです。

マクドナルドは戦略を誤ったんだと、思うんですよね。

日本マクドナルドの最大の失敗「ターゲティング」

マクドナルドはカフェを目指したのにどうしてDS用のwifiを開放したのか?

これは、マーケティング的に考えると大失敗です。

マクドナルドのいうカフェというのは、小学生が塾帰りに、百円だけもって何かを買いずっとゲームしていることなんだろうか?

あのころ、スターバックスコーヒーがグイグイ売上を伸ばしていて、それに対抗するはずだったのに、なんでコンビニコーヒーに負けたのであろうか?

そもそも、日本マクドナルドは、誰に来店して欲しかったのだろうか?

そもそもカフェ化すら間違いだったようだと思いませんか?

ファストフード系のカフェは、モスバーガーがずっと昔からそのポジションをキープしていますよね。
また、本当にコーヒーが好きな人は、マクドナルドのコーヒーには満足できない。

なにで戦うつもりだったのか・・・
どこに勝算があったのか・・・

なんとも不思議極まりない戦略だったと思いませんか?

昔のマクドナルドとの違い

日本マクドナルドは無能だ。
いや……誤解しないでほしいんですけど、マクドナルド自体はこれまでずっとマーケティングがうまかったんですよね。

僕もかなり勉強させてもらったし、『やっぱ元がアメリカな企業は全然違うな~』っていう印象の方が強かったくらいです。

でも、ここ数年はイメージ広告も失敗しているし、クーポンも失敗。

腐敗鶏肉や、異物混入、残業費未払いなどさまざまな問題を抱え、ビジネスの根本がぶっ飛んでしまったかのようですよね。

まとめ

まぁ、色々思うことはありますが、やはり一番の間違いは、ターゲットの明確化でしょうね……

ビジネスで大事なのは、ターゲットを定めることだというを是非あなたも、理解してくださいね。

P.S
マクドナルドが何やらお得なセットを販売したようですね。

機会があれば、今度行ってみたいと思います(笑)

また強いマクドナルドが見たいものです……

コメントを残す




CAPTCHA