効果的に受信ブロックを回避する!マルチパートメールとは?

from:本多康裕

マルチパートメールって?

企業ではHTMLメールが主流ですよね。
HTMLメールは、画像を挿入できたり、フォントの大きさを変更したり、さまざまなことができます。

メールの開封率を確認することもできるんです。

ですが、その反面、お客さんにメールが上手く届かないなんてことも……

設定でHTMLメールをブロックしていたり、端末がHTMLメールをサポートしていなかったりといったときに起こります。

そんな問題を解決するのがマルチパートメールです。

ここでは、マルチパートメールについて基本的なことを紹介します。

マルチパートメールって何?

マルチパートメールとは、「HTML形式」と「テキスト形式」の両方をひとつの本文で送信するメールのことです。
「HTML形式」を優先して表示し、受信者が「HTML形式」を見れない場合は「テキスト形式」を表示します。

この「HTML形式」か「テキスト形式」かを決めるのは、メールを受け取る側のメールソフトです。

何らかの理由で、HTMLメールが見れない場合は、テキストメールとなります。

マルチパートメールのメリット

マルチパートメールのメリットは、「HTML形式」が受信できないメールソフトでもメールを確実に届けることができるというものが第一にあります。

HTMLメールが受信できない場合は、大抵、メール本文が真っ白になるそうです。
ですので、お客さんは、「何か間違えてメールを送ってきた」と勘違いする場合が多いです。

マルチパートメールを使うのは、そんな事態を避けるためでもあるんですね。

それからHTMLメールの機能は使えるので、上記したようにメールの開封率もわかります。
これは嬉しいですね。

マルチパートメールは、迷惑メールフィルタにかかりにくいという説があるようです。
とはいえ、迷惑メールフィルタの仕様は各メールソフトによって異なるので、これは確証がないようです。

マルチパートメールの作り方

マルチパートメールを作るのには、メールのヘッダ部分を編集する必要があるため、難しいとされています。

多くの企業は、メール配信用のツールを使って、マルチパートメールを作ることが作ることが多いようです。

これにより、より多くのお客さんにメールが届くようになるのです。

まとめ

いかがでしたか?

マルチパートメールについて、理解が深まったでしょうか?

より多くのお客さんにメールを届けたいと思っている方は、必須の設定方法ですよ!

ぜひ、利用してみてください。

コメントを残す




CAPTCHA