3Rを理解してそれぞれをマーケティングに活かす方法

from:本多康裕

3Rの法則知らないの?
マーケティング用語はいろいろありますが、その中でもマーケティング用語における「3R」はご存知でしょうか?

3Rとは3つのRから取った頭文字のことを指します。

  • relation(リレーション)
  • retention(リテンション)
  • reffararl(リファーラル)

この3つです。

この3つを生かすことで、顧客とのより良い関係性を築くことで、高い売り上げを上げることなどができます。

そこで今回は、この3つの3Rの解説と、どのようにマーケティングを活かすかについて解説していきます。

1.3Rとは

先ほども述べたように、3Rとはrelation(リレーション)、retention(リテンション)、reffararl(リファーラル)の三つの頭文字をとったものです。

リレーションは、「関係性」と訳すため、顧客との関係性を構築するために意識するべきことです。

リテンションは、「維持、継続」などの意味があるため、顧客を維持するために意識するべきことです。

リファーラルは、「紹介」などの意味があります。

そのため、他の顧客に紹介をしてもらったり、口コミサイトなどの紹介をしてもらうことを意識するべきことです。

この3つをしっかりと意識することで、ビジネス・マーケティングに活かすことができると言えるでしょう。

2.relation(リレーション)のコツ

顧客との関係性を構築するための考え方であるため、新規の顧客を獲得するためにはどのようにして宣伝をしていくのかなどの必要性があります。

また、リピーターを獲得するために一度メルマガの登録等をしてくれた人に対して、メールを定期的に送ったりすることも大切となります。

3.retention(リテンション)のコツ

リテンションは、顧客との関係性を維持することが大切です。
そのため、一度お客様となった人に対して、しっかりとアフターフォローをする必要があるでしょう。

一度商品やサービスを購入してくれたからといって、また同じように購入してくれるとは限りません。
そこをしっかりと再購入してもらうためにも、手紙を送って進捗の確認をしたり、特別なキャンペーンを開催することなどもお送りする必要があります。

そうすることで、良好な関係性を維持できるということに繋がるでしょう。

4.reffararl(リファーラル)

リファーラルは簡単に解説をすると、口コミや紹介をしてもらうことです。
すでに顧客を獲得しているのであれば、「紹介キャンペーン」などを開始して、1人のお客様を紹介してくれるごとに、◯◯をプレゼントするなどの制度を始めることもできます。

また、自然と素晴らしい商品やサービスを提供できていれば、いつの間にか評価され紹介をしてくれているという現象もあります。

まとめ

3Rはマーケティング、特にお客様との関係性を構築する上で必要となる考え方です。

ぜひ意識しながら取り組んでいってください。

コメントを残す




CAPTCHA