Twitter広告の基本的な3つの特徴と魅力とは?

from:本多康裕

ツイッター広告は意味あんの?

Instagramがここ最近流行の真っ只中ですが、決して他のSNS広告も負けてはいません。

その中の一つがTwitter広告です。Twitterは他のSNSに比べると、圧倒的に若年層のユーザーが多いです。

一説には10-20代で50%を占めているとも言われています。

とは言っても「Twitterはよくわからん……」といったweb担当者もいらっしゃるはずです。

そのため、今回はTwitter広告の基本的な特徴について解説していきたいと思います。

1.Twitter広告の特徴3つ

Twitterは若年層がターゲットなります。

そしてそれに加えて、3つの特徴があります。

一つずつ見ていきましょう。

1-1.細かなターゲティングが可能

TwitterはFacebookなどと違い、匿名性がとても高いです。

ですがそれにも関わらず比較的詳細なターゲティングが可能となります。

特に活用できそうなターゲティングが、「特定のアカウントのフォロワーをターゲティング」できる点です。

たくさんのユーザーがいるTwitter上で、ハブとなるアカウントさえ見つけてしまえば、そこのフォロワーに向けて広告を配信することができるのです。

これによって、比較的確度の高いユーザーに向けて広告配信できるのです。

もちろん、ターゲティングを細かくすればするほど、クリック単価は上がっていく傾向にあります。

1-2.低予算から配信ができる

Twitter広告は最低金額が1円からスタートすることができます。

もちろん実際に1円からスタートする方はなかなかいないと思いますが、それぐらい低予算でスタートできることが魅力の一つです。

また、1日1000円までなどの広告配信設定の調整もできます。

広告を動かしていくうちにクリック単価などを見て、消化金額などを調整していってください。

広告配信をしたいけど、広告予算をしっかりと抑えたい」という方には適切な広告配信の手段かもしれません。

1-3.課金発生までに時間がかかる

課金発生まで時間がかかることも特徴です。

多くの広告配信は、広告が配信するだけで課金が発生することが多いですよね?
ですが、Twitter広告は、ユーザーがいいねをしたり、リツイートなどをしたりと、特定のアクションをした時に課金が発生します。

また、広告配信したツイートに関してユーザーがリツイートをする時があります

その際に、そのリツイートした呟きを、他のユーザーがいいね、リツイートしてもそれは課金の対象にはなりません。

どんどん拡散したものは、課金の対象にならないことも特徴です。

まとめ

低予算で始められる、若年層がターゲット、詳細なターゲティングができるなどの特徴があります。

少しでも魅力を感じたのであれば、ぜひ取り入れてみてください。

コメントを残す




CAPTCHA