企業において絶対に欠かせない3C分析の概要とやり方について

from:本多康裕

3C分析のやり方
企業の戦略を策定するときにおいて絶対に必要な考え方に「3C分析」があります。

この3C分析を行う事で、自社の課題の発見や、その後に成功するための要因を見つけ出す事ができます。

とは言っても実際に「3C分析とは?」、「どのように分析すればいいのか分からない」と言った事が現実です。

そこで今回は3C分析の概要と、細かなステップまで解説していきたいと思います。

1.3C分析とは?

3C分析とはご存知かも知れませんが

  • 市場と顧客: Customer
  • 競合: Competitor
  • 自社: Company

の3つのことを指します。

新たな事業の展開や、見直しなどをする際にこれらの分析をしっかりと行うことが必要となります。

3C分析の3つの観点は、以下のような分析が必要とされている。

市場・顧客:市場や顧客のニーズを知ることが重要視されている

競合:競合が市場や顧客のニーズにどのように変化し、更にどう対応しているのかを知ることが必要とされている

自社:競合が市場や顧客のニーズに対応している中で、自社がどのような対応をしていくのか、どのような強みを持っているのかを分析することが必要とされている

2.3C分析の手順

それでは次に、3C分析の手順について解説をしていきます。

2-1.市場・顧客

市場・顧客調査の際に最も大切なことは、「それぞれの変化」です。

顧客の価値観やニーズの変化などを、しっかりと理解しておく必要がありますよね。

また、顧客に関しては実際にアンケートなどを行い、「どういったサービスに満足しているのか」、「どういった物を求めているのか」などの分析を行えることが理想となります。

2-2.競合

競合に関しては、どういった施策を打っているのか?
成功している要因、もちろん失敗している原因なども調べます。

競合の規模も把握しておく必要があります。

自社と資金力等にあまりにも差がありすぎると、参考にできる部分とできない部分があるはずです。

このような観点で競合分析を行う必要があるわけです。

2-3.自社

自社分析は、これまでに行ってきた市場・顧客分析と競合分析を踏まえた物を参考にして分析対象となります。

うえの二つに対して、自社がどのような対応をしていけるのかという物です。

競合他社の良い部分を取り入れたり、他社が行えていない有効な施作をするなどの工夫やチャレンジが必要になってくるでしょう。

3.まとめ

時代背景からも、ただ闇雲に施策を打つのではなく、細かな分析の元、行動に移すという時代になってきました。

今はwebの力などを使えば、小さな会社が大きな会社に対して勝利できる時代です。

まずは、分析をしっかりと行いながら、その後に自社でできる対策等を見つけていきしょう。

コメントを残す




CAPTCHA