マーケティングに不可欠なペルソナとは?設計方法4つの手順

from:本多康裕

失敗しない!ペルソナ設計4つの手順
ペルソナって聞いたことありますか?
ペルソナ設計は現代のマーケティングに欠かせない手法です。

あなたの会社が本当にターゲットしている人物像は一体どんな人でしょうか?

それをしっかりと理解することができれば、マーケティング活動を行う際にも、共通認識ができ始め、プロジェクトにもブレがなくなってくるのです。

今回は「ペルソナとは一体何なのか?」、「ペルソナの設計方法」この二つについて解説をしていきたいと思います。

1.ペルソナとは?

そもそもペルソナとはどういった物なのでしょうか?

簡単に説明すると、実際に自社のサービスや商品を使ってくれるモデルとなるユーザーのことを指します。

モデルのユーザーがどういった人物なのかをしっかりと設計し、それを満たすためにはどのようなサービスや商品が必要なのかを追求することで、さらに魅力的な物を生み出すことができます。

2.簡単にできるペルソナの設計方法

「簡単に」とは言ったものの、しっかりとペルソナの設計をする必要性があります。

ペルソナを設計し理解しておかないと、「誰にこのサービスや商品を届けたいのか」にブレが出てきてしまい、マーケティングにも悪影響を及ぼしてしまいます。

2-1.ターゲットを顧客をセグメントする

手順としては、まずはあなたが顧客にしていきたい人物をセグメントしていきましょう。

過去の販売してきたデータなどに基づき、

  • あなたのサービスのコンセプトに沿った、今後関係を構築していきたい顧客
  • 潜在的にサービスにニーズのある顧客

などを考えて、セグメントを実施していきます。

2-2.ユーザーにインタビューする

顧客のセグメントができたら、次は実際にインタビュー活動を行うと良いでしょう。

最初のステップで浮かび上がった顧客と似た人物を対象にすることが前提となります。

実際にインタビューをしてみると、今まで気づかなかったニーズに気づくことができます。
積極的に数人の方にインタビューしてみると良いですね。

2-3.グループ分けする

インタビューの後にはグループ分けを行います。
結果から基づき、共通項目となる物をグルーピングしていくのです。

例えば、「休日の過ごし方」や「SNSの使い方」など、より鮮明にグルーピングすることをお勧めします。

2-4.人物化する

そして、最後にペルソナを作り上げます。

ここでは本当にその人物がしっかりと浮かび上がるくらいに、人物像を設計する必要があります。

  • 年齢、家族構成、年収
  • 1日の過ごし方
  • 抱いている悩み
  • 価値観
  • 情報源、情報収集の手段

以上のようなことを設計していく必要があります。

3.ペルソナ設計はメリットだらけ

ペルソナをしっかりと設計することでのメリットは沢山あります。

  • 理想とする顧客の消費行動を予想できる
  • 理想とする顧客に対する共通認識を持てる
  • 商品やサービスに一貫性を持たせられる

もちろん他にメリットはありますが、時間を掛けてでもペルソナ設計を行うべきです。

面倒かもしれませんが、長期的に物事を見ると必要な準備段階です。

ぜひペルソナ設計を試してみてくださいね。

コメントを残す




CAPTCHA