ソーシャルメディアポリシーって何?その作り方とは?

from:本多康裕

ソーシャルメディアアイコン

不必要な発言で問題が起きないように、ソーシャルメディアポリシーはとても大切です。

SNSマーケティング担当者が困ることの無いように、きちんと定めておきましょう。

今回は、ソーシャルメディアポリシーとは何かということから、ソーシャルメディアポリシーの作り方まで紹介します。

ソーシャルメディアポリシーとは?

まず、ソーシャルメディアポリシーとは一体何なのでしょうか?

ソーシャルメディアポリシーとは、企業がTwitterやFacebookなどのSNSを利用する際に、それらの運用についてどうするのかを取り決めたルールのことです。

SNSを利用していると、思わず不必要な発信をしてしまい、それが炎上に繋がるケースもあります。

そのため、企業内のスタッフでSNSを使用する際の行動を定めることが重要となってくるのです。
そうすることで事件を未然に防ぐことができます。

ソーシャルメディアポリシーには、そういったSNSを利用する際の心構えやグローバルに発言しているのだという自覚をもたせる効果があります。

問題が起きた際に、一人一人のスタッフがどのように行動すれば良いのかを把握できるような内容になっているわけですね。

ソーシャルメディアポリシーの作り方

ソーシャルメディアポリシーは、SNSマーケティング担当者やPR部門などが中心となって作成します。

その後、社内全体をよく知っている総務などに目を通してもらい、無理がないかブラッシュアップしてもらう必要があります。

ソーシャルメディアで主に必要なポリシー

では、ソーシャルメディアポリシーにどのような情報を加えるべきなのでしょうか?

主に以下の内容を加えるべきです。

  • 企業のスタッフ全員が商品のブランドを作っている一員であること
  • 一度発言をしてしまえば、それは消すことができないこと
  • ネガティブな発言をしないこと
  • 他の人への敬意や配慮をおろそかにしないこと

これらは、ごく普通の行動指針のように見えますが、明確に文字に起こすことが重要なのです。

そして、徹底した教育やずっと継続していくことを大切にしていきましょう。

それから、時代とともにSNSは変化していきます。
そのため、定期的なチェックも必要となります。

一度作ったら終わり、というわけではないんですね。

こちらもおろそかにせず取り組んでいきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ソーシャルメディアポリシーについて理解が深まったでしょうか?

ソーシャルメディアポリシーを作ることは面倒ではあるかもしれませんが、さして難しい作業ではありません。

SNSを利用する前にきちんと作っておいてくださいね。

コメントを残す




CAPTCHA