コンテンツSEOとその基本施策となるたった1つの方法

from:本多康裕

コンテンツSEOって何だ?
「SEO対策」って誰もが気になっている、ウェブ上の手法ですよね?

ここ最近、コンテンツマーケティングが主流となってきているため、「コンテンツSEO」という言葉も徐々に出てきています。

「コンテンツSEOとは何だ?」といった方もいらっしゃると思います。
そこで今回は「コンテンツSEOの基本」について解説していきたいと思います。

1.そもそもコンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、簡単に言うと「良質なコンテンツを生み出し続けることで、検索上位表示を達成させる手法」のことを指します。

今まではGoogleのアルゴリズムがそこまで正確ではなかったため、どこかで騙し騙しSEO対策を行うことができました。

ですが、今となってはGoogleもかなり正確な判断ができるようになりました。
そのため、「コンテンツの質」をしっかりと判断することが出来るようになったわけです。

だからこそ現在はコンテンツSEOの重要性が高まってきているんですね。

2.コンテンツSEOが行われる背景

そしてコンテンツSEOが行われる背景にはどういった物があるのでしょうか?

一つは先ほども述べた「Googleの正確性の向上」があります。
そしてもう一つ繋がる物としては、「粗悪な外部リンクの量産」があったからです。

外部リンクとは簡単に説明すると、「違うサイトがリンクを貼ってくれる行為」です。
紹介をしてくれるような制度ですね。

確かに面白いサイトやコンテンツであれば、どんな人でもそれを紹介したり飲用したくなるでしょう。

ですが、中にはこれを悪用しようと、自作自演で外部リンクを量産する人が現れたのです。
つまり「自分のサイト自分自身で紹介する」という行為です。

これがGoogleの正確性が向上したことによって、多大なペナルティを受ける原因にもなりました。

3.とにかく良質なコンテンツを生み出す

だからこそ、今のSEO対策で最も重視されていることが「コンテンツSEO」なのです。

コンテンツSEOの肝は、「ユーザーのことを第一に考える」、「それに向けて良質なコンテンツを生み出す」この二つが大切になります。

ただ、コンテンツを量産して低品質な物を作りあげても意味がありません

本当にそのコンテンツはユーザーが求めている物で、役に立つ物なのかを考えていれば、自然と良い物は出来上がります。
そして最終的に検索上位表示も達成されるのです。

まとめ

今のGoogleは、あなた自身が調べたい物を検索した時に、求めている物が上位表示されているのではないでしょうか?

おそらくこれからの時代は、その正確性がさらに増してくるでしょう。
繰り返しになりますが、だからこそユーザーが本当に求めている物(良質なコンテンツ)を作り続けることを意識していきましょう。

コメントを残す




CAPTCHA