リスティング広告の文字数の制限と広告文作成の4つのコツについて

from:本多康裕

リスティング広告のコピーライティングとは?
リスティング広告において、重要視される部分の一つとして、「広告文」があります。
どれだけ遷移先のLPやwebサイトが良いものであっても、まずはクリックされなければ始まりません

ですが、「広告文を作成したことなんて一度もない!」と言った方が多いことも事実でしょう。

そこで今回は、リスティング広告を運用する上で重要な広告文のコピーライティング作成方法について解説していきます。

1.文字数には制限がある

GoogleもYahoo!共に、どちらも広告文には文字数の制限があります。

Googleは従来型の広告文と、拡張テキスト広告があるため、それぞれ文字数が違ってきます。

1-1.Googleの広告文

Googleは従来のテキスト広告は以下の通りです。(全て半角の場合です。)

広告見出し:25文字
表示URL:35文字
広告文1:35文字
広告文2:35文字

新しい拡張型のテキスト広告は以下の通りです。(こちらも半角の場合です。)

広告見出し1:30文字
広告見出し2:30文字
広告文:80文字
パス2つ:それぞれ15文字

拡張型の広告の方が、広告の幅も取るため目立ちます。

そのためクリック率も上がることがよそうされるため、こちらを使うことをオススメします。

1-2.Yahoo!の広告文

Yahoo!は以下の通りになります。(全角の場合になります。)

広告見出し:15文字
説明文1:19文字
説明文2:19文字
表示URL:29文字

Yahoo!の方がやや文字数が多いですが、そこまで大きな違いはないでしょう。

2.広告文のコツ

広告文作成のコツは幾つかあります。

もちろん、常に改善をするためのテストは必要ですが、最低限のやり方だけでも押さえておくべきでしょう。

2-1.遷移先と関連性は強いか

遷移先のサイトと、広告文はしっかりと一貫性を持っているでしょうか?

あまりにもギャップがあると、広告文をクリックした後にユーザーは驚いてしまいます

そこで一瞬でユーザーが離脱してしまうため、品質スコアも下がりCVRはますます悪化してしまうでしょう。

しっかりと一貫性持っておくようにしましょう。

2-2.広告文内にキーワードはあるか

広告文を作成する前にキーワードの設定をする必要があります。

その時に設定したキーワードが広告文の中に入っているでしょうか?

ユーザーは検索をしてから広告が検索結果に反映されます。
そのため、検索したキーワードが広告文の中に入っていれば、自然とクリックする確率は高まります

初歩的なことかもしれませんが、しっかりと意識しておきましょう。

まとめ

文字数の制限、広告文作成の際の最低限のコツは理解していただけたでしょうか?

慣れないうちはあまり良い広告文を作成できないかもしれませんが、常に改善することを心がけていれば、自ずと成果は現れてきます。

今回の内容を生かして広告文作成に励んでみてください。

コメントを残す




CAPTCHA