これからのサイト開発に必須なプログラム!PHPとは?

from:本多康裕

phpとは?

PHPというプログラム言語を聞いたことがありますか?

プログラマーにとっては、有名なプログラム言語なんです。
しかし、それプログラマー以外の方の中には、初めて名前を聞くという人も多いのではないでしょうか?

馴染みの少ないと思われがちなプログラム言語ですが、今ホームページやブログを展開する上で、PHPは必要な言語です。

自社でホームページを制作しないとしても、多少理解しておくといいと思います。

今回は、PHPについて、知ってもらうために、できることとできないことについて紹介します。

PHPとは?どんなプログラム?

まず、PHPがどんなプログラムなのかを説明します。

PHPはサーバー側で処理されるプログラムです。
ですので、ユーザー側のパソコンのスペックが低くても問題なく動作します。

WEBサーバーの環境を用意することで使えるようになります。
プログラムを書くのは、HTMLなどと同じ、テキストエディタで行うことができます。

HTMLの中に混在して書くことができます。

PHPは、他の言語より文法が少ないため、覚えやすいと言われていますね。

PHPでできること

HTMLにはできない、サーバー側でしか処理できないことをができます。
例えば、ショッピングカートやフォームメールなど、集客サイト、ECサイトを開発するのに向いています。

PHPにできないこと

PHPはデータの取り扱いなどを行うプログラムなので、サイトをデザインすることはできません。

デザインしたい場合には、他のプログラム言語を利用する必要があります。

それから、システムの土台を構築することもできません。

ワードプレス内で使われるPHP

PHPと言えば、ワードプレスで触れたことがある人も多いのではないでしょうか?

ワードプレスでサイトを作ったことがある人にとっては、身近なものだと言えます。

ワードプレスは、使い勝手がよくカスタマイズも高度で、世界中に愛好家がいます。
日本でも多くのホームページがワードプレスを基板としているのです。

ちなみに、このサイトもワードプレスで制作しました。

PHPを勉強すれば、ワードプレスを自分なりにカスタマイズすることも可能となります。

まとめ

いかがでしたか?

PHPというプログラミングについて、理解が深まったでしょうか?

PHPは紹介したものの他に、もっと多くの処理を行うことができます。
サイト構築について、メインに紹介しましたが、PHPはアプリなどの開発をすることもできるんですよ。

ここまで紹介してきたことが役に立ったら幸いです。

ぜひとも自分で手を動かして、PHPを使ってみてくださいね!

コメントを残す




CAPTCHA