Googleアナリティクスを活用する上でよくある懸念点2つ

from:本多康裕

グーグルアナリティクスの活用方法
無料解析ツールの代表的なものに、Googleアナリティクスがあります。

おそらく自社でwebサイトを扱っている方であれば、ほとんどの人が目を通している事でしょう。

ですが、実際にGoogleアナリティクスを扱っていく中で、様々な疑問点が浮かんできているはずです。

しかし、同じ社内にアナリティクスを活用している人がいないため、この疑問を感じる事自体が本当に合っているのかと感じている可能性もあります。

そこで今回は初心者の方がGoogleアナリティクスを活用する上で、疑問に感じている代表的な2つについて書いていきます。

1.何を見てどう分析すれば良いのか分からない

実際にアナリティクス上を見てみても、どこに目を通せば良いのかもわからないし、分析方法も分からないと言えるでしょう。

ただなんとなく画面上を触ってみて、それ以上は特に分からないという状況の人が多いでしょう。

対策方法

まずは、「Googleアナリティクスの基本用語を理解する」事が大切です。

用語の意味が分からないと画面を触っていても理解できない事が多々あるはずですから、まずは基本用語を理解する事から始めましょう。

2.Googleアナリティクスを見る時間が取れない

これはどちらかというと、中上級者向けの方が感じている事かもしれません。

もちろん初心者の方も当てはまるのですが、なんとなくページ画面も見るだけで終わりという人もいるでしょう。

対策方法

こちらもまずは基本用語を理解する事が大切です(笑)
また、複数の分析ツールを導入している人も多いのですが、複数の解析ツールを使う事で、信憑性は上がるかもしれません。

しかし、実際にGoogleアナリティクスの精度はかなり高いと言われています。

Googleアナリティクスを絶対に使ったほうが良いというわけではありませんが、まずは一つに絞ってそれをしっかりと使えるようにしていく事をお勧めします。

3.とにかく触ってみる

基本用語を理解する事も大切なのですが、実際にGoogleアナリティクスを扱ってみる事も大切です。

習うより慣れろ」という言葉がありますが、分析ツールにも同じ事は言えます。

実際に扱ってみて、その中で分からない用語だったりが出てくると思うため、そのタイミングで色々と調べてみてはどうでしょうか。

まとめ

  • どこを見て分析すれば良いのか分からない
  • 時間がなくて分析ができない

この二つが代表的なGoogleアナリティクスに対する懸念点です。

二つとも共通して、まずは「用語を理解する」ことと「実際に扱ってみる」この二つが重要です。

そこから疑問点に対して色々と調べてみてください。

コメントを残す




CAPTCHA