Googleアナリティクスでユーザー意識とサイトの成果を知る方法

from:本多康裕

グーグルアナリティクスでわかる!ユーザー意識とは?

Googleアナリティクスを使うからには、分析する項目はいくつもあります。

しかしアナリティクスを触り始めたばかりの方にとっては、簡単に解析をすることはできないはずです。

やはりある程度の慣れや訓練等も必要となってきます。

そこで今回は基本的なことを抑えるだけで、ユーザー意識とサイトの成果を知る方法を解説していきます。

1.ユーザーの意識を知る方法2つ

ユーザーがサイトに訪れた時にどのように感じているのか?
これを知るだけでも、今後の運用にかなり役立てることができるでしょう。

その際の基本的な方法は以下にて解説していきます。

1-1.直帰率

訪問した際の最初のページで、ユーザーがサイトを離れた割合を指します。

直帰率が高いと、他のページを見てもらえていないという事になります。

つまり、

  • コンテンツの質が低い
  • 他のページに移動する際の導線が分かりにくい

このような事が考えられます。

webサイト内の改善で直帰率の改善をする事ができます。

1-2.離脱率

そのページでサイトを離れた割合を指します。

とある特定のページでの離脱率が高いと分かれば、そのページを改善するだけで、サイト内の滞在時間を長くする事も出きます。

2.サイトの成果を理解する

Googleアナリティクスはサイト内での成果を設定して、計測する事ができます。

サイト内でどのくらいの成果を上げているのかを理解する事は、とても重要な指標です。

CV(コンバージョン)の設定をする事ができるため ぜひ活用してみてください。

2-1.URLへのアクセス

商品完了ページや申し込み完了ページなど、特定したページにユーザーがアクセスした時に発生するコンバージョン指標になります。

サイトの運営をする際も、一番と言っても言っても過言ではないくらい重要視される部分になります。

何かしらの商品を扱っていたりするのであれば設定しておくべき指標に当たるでしょう。

2-2.訪問の滞在時間

一定の時間以上滞在した時にコンバージョンが発生します。

サイト内の滞在時間がとても短く、それを改善したい時に使うべきCV設定です。

サイト内を改善して、CV数が伸びていれば改善はうまくいっていると言えるでしょう。

2-3.訪問のページビュー

webサイトにアクセスしたユーザーに一定以上のページが表示されるとコンバージョンが達成されます。

PV数が低く、ユーザーのサイト内の循環を伸ばしていきたい時に意識しておくと良いです。

2-4.イベント

ファイルのダウンロードや外部リンクのクリック数など。

イベントトラッキングのコードを設定しておきましょう。

これによって効果測定が楽になります。

まとめ

Googleアナリティクスを活用して、

  • ユーザー意識を知る
  • サイトの成果を知る

この二つを知っておく事が大切です。

ぜひ目的に沿った目標設定等をして、Googleアナリティクスを活用してみてください。

コメントを残す




CAPTCHA