経験値をあげろ!

from:本多康裕

雪での恐怖体験談!

去年の今頃、ここ名古屋は大雪で移動するのが大変でした。

大雪でしたが、仕事で60kmくらいの離れたところに行かなければいけなかったんです。
そこで6名が合流して仕事をする予定でした。

ですが、朝起きたら外の風景が真っ白でした。
そして雪で僕の車は見えないくらい積もっていました。

雪がどこかに影響したのか、エンジンをかけようにもかからない状態でした。

僕の車はまったく動かなくなり、雪に強い後輪駆動の車を持っているお客さんに迎えに来てもらったんです。

目的地までは、普段なら高速で1時間弱。
下道でも一時間半で着く場所だったのですが、大雪でどの道も常に渋滞していました。
もちろん高速はどこも通行止めです。

下道で目的地に向かうその道中、大きな橋を渡るんです。

橋は完全に凍結状態、アイスバーン化していますので、スタッドレスを履いていても滑ります。
助手席に乗っていても、道路の氷のぶ厚さや、タイヤが滑っているのがわかるくらいでした。

僕「この橋、めちゃくちゃ怖いですね!」
お客さん「やばいです。手汗がすごいです(笑)」

ちょうどその時、対向車線のトレーラーが横滑りしながら、こちらに突っ込んできました。

僕、お客さん「あ~やばい!やばい!ぶつかる!!!!」

あと1,2メートルでぶつかる寸前でなんとか止まってくれました。

僕、お客さん「ふぅっ!!!!」

スピードはそこまでで無いものの、ゆっくりジワジワこちらに向かってくる大型トレーラーは、本当に怖かったです。
まさにアクション映画のワンシーンみたいでした(笑)

結局、目的地に着いたのは、出発してから4時間半。

着いた時には、仕事はもう終わっており、なんとも言えない悲しい感じがしました(笑)

その後、皆で遅めの昼ご飯を食べ、帰ったらもう夜という不思議な一日でした。

今年はまだ雪が積もったり、大雪が降ったりしていないので良いですよね。

雪には慣れていない

ここ名古屋では、普段そんなに雪が降りません。
ですから雪が少し積もるだけでパニックになります。

歩けば滑るし、転ぶ。
車は道で止まってしまう。

でも北の出身の方は、これくらいの雪でこんなふうになっちゃうの?
って逆に驚いているんですよね。

慣れ

慣れっていうのは、本当すごいですね。
この慣れっていうのは、言い換えれば経験値ともいえます。

雪が降る街で育ち、子供の頃から何度も何度も転びながら慣れていった。
だから今は、雪は大丈夫ということですよね。

まとめ

これは仕事でも同じです。
トラブルやうまくいかない状況を乗り越えることによって、経験値があがります。

色んな困難、トラブルを解決した経験が、チカラとなるわけです。

あなたの会社の社員やスタッフに良い経験を積んでもらっていますでしょうか?

少しづつでも、経験を積んでもらった方が会社の成長になるはずです。

コメントを残す




CAPTCHA