人は見た目が9割!「メラビアンの法則」をどのように意識するべきか

from:本多康裕

人は見た目が一番大事?
人は見た目が9割」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
実際に本にも出ているほどで、人の第一印象は見た目でほとんどが決まってしまうというものです。

実は、人は見た目が9割という言葉は、心理学にも通じている部分があります。
その心理学とは「メラビアンの法則」です。

ビジネスシーンでは、言葉やその内容がとても大切ですが、それ以外にも大切な部分が多々あります。

今回はそこに通ずる、メラビアンの法則について解説していきます。

1.メラビアンの法則とは

まず、メラビアンの法則とは、人間は他人の言葉やその内容より、実際に対面しているときなどの仕草や表情などの方が大きく印象を変えると言ったものです。

つまり人と話すときは、その会話の内容ももちろん大切なんですが、それ以上にその人の雰囲気等に対して、無意識のうちに評価を下しているとも言えるでしょう。

2.メラビアンの法則を意識するときに気をつけること

メラビアンの法則を実際に実生活に活かすときに、必要な要素が二つほどあります。

一つ目は視覚情報です。
この場合の視覚情報は相手から見て、どのように見えるかを意識することが大切です。

服装はしっかりと整っているか?
その他の身だしなみは清潔感を持てているか?
表情はその場にあった表情をしているか?
姿勢はしっかりと正しているかなどの要素があります。

特にここら辺はかなり意識するべきところです。
なんといっても一番最初に目に止まってしまう部分ですので。

もう一つは聴覚情報です。
聴覚情報とは、相手と話すときに耳にしたりする部分です。

例えば、早口で話しすぎて相手にうまく聞こえていか?
ジェスチャーを入れながら会話をしているか?
しっかりと相手に届く声で話しているか、など気をつける部分があるでしょう。

3.メラビアンの法則をビジネスシーンで生かすとき

まず、営業や商談先で出向く際には、自分だけが緊張をしているわけではありません。
おそらく相手側も何かしら気を張っているはずです。

そのため、第一の壁として服装などの外見から気をつけるべきでしょう。
外見をしっかりと整えることで、相手には「しっかりとしている方なんだなぁ」と思ってもらうことができます。

しかし、それだけでは相手も緊張をし続けている場合があります。
そして次に大切な事は話し方や表情などの部分です。

相手の目を見て話したり、しっかりと頷きを入れながら会話をしたりとすることを意識していきましょう。
そうすることによって、お互いの緊張をいつの間にかほぐすことに繋がるからです。

まとめ

メラビアンの法則=見た目、話し方等を整える』といっても過言ではありません。

ぜひ、第一印象を整えることをビジネスシーンにおいて、しっかりと意識してみてください。

コメントを残す




CAPTCHA