コンテンツはまだ作るな!コンテンツマーケティング【設計方法・準備編】

from:本多康裕

コンテンツマーケティングは、まだやるな!
コンテンツマーケティングを実践する前には準備が必要となります。
その準備とは「ゴール設定」と「ペルソナ設定」です。

今回はゴール設定の種類とペルソナ設定のメリットを紹介します。

これら2つは実際にコンテンツを発信する前の重要な設定となるので、ぜひとも外さずにやっておきましょう。

ゴール設定

コンテンツマーケティングには、ゴールを設けることが大切です。
ゴールを決めなくては、結果を測定することも、それをより改善することもできません。

企業や目的によってゴールはさまざまですが、ここでは3つの例を紹介します。

1.リード情報獲得

メールマガジンを登録する際にユーザーは氏名やアドレスを登録します。

それらの情報をリード情報と言います。
リード情報を獲得することだけでなく、継続的にコミュニケーションをとったことで、商品やサービスの購入に繋がることもゴールのひとつとなります。

2.リピーター客獲得

既にそのブランドの商品を買った顧客に、良質なコンテンツを発信し続けることで信頼感を得ることができます。

顧客のロイヤリティは向上し、継続的に購入するようになります。

3.オピニオンリーダー

業界関係者が一目置く存在となることです。

ある領域において、良質なコンテンツを継続的に発信し続けることによって、信頼感が生まれます。

これをゴールにして、実現化すれば、他と差別化することが容易になります。

ペルソナ設定

ペルソナとは、架空の人物を顧客に見立てることです。(アバターと呼ぶマーケッターもいます)

ペルソナがいないコンテンツマーケティングは、価値あるコンテンツを発信できないと言われています。

ペルソナ設計の仕方

ペルソナを設定する目的は2つあり、ひとつは商品やサービスの「顧客目線」を徹底すること、もうひとつは「顧客の気持ちを理解する」ことです。

自社の商品が素晴らしいからと、売り込みばかりをしていては駄目だというわけですね。

購買データなどから「定量的に」情報を集め、顧客インタビューやアンケートで「定性的に」情報を集めます。
これらから、人物像と具体的なストーリーや背景を作っていきます。

ペルソナ設計のメリット

企業内やチーム内で具体的なペルソナを共有することができます。

常にペルソナの行動を意識してコンテンツを作成することで、読者の関心にあったベストなものを発信しやすくなるというメリットがあります。

まとめ

いかがでしたか?

ゴール設定とペルソナ設定について理解が深まったでしょうか?

すぐにでもコンテンツを作ってしまいたい気持ちはわかりますが、油断は禁物です。
しっかりと準備してからコンテンツに取りかかりましょう。

コメントを残す




CAPTCHA