WEBマーケティングの次の一手!コンテンツマーケティングとは?

from:本多康裕

コンテンツマーケティングとは?

webマーケティングを行ってると、ちらちらと目に入ってくる「コンテンツマーケティング」。

気になっている方も多いのではないでしょうか?

実は今、コンテンツマーケティングに力を入れ始める企業が増えているのです。

コンテンツマーケティングとは、一体何なのでしょうか?
どうして、今、コンテンツマーケティングが流行っているのでしょうか?

今回は、コンテンツマーケティングについて、基本的なことを説明していきます。

コンテンツマーケティングって何?

まず、その概要を説明します。

コンテンツマーケティングとは、ターゲットに向けて価値のあるコンテンツを作り続け、最終的に購買を通し、商品やサービスのファンになってもらうことです。

ターゲットが満足するほどの価値があるコンテンツを提供することが重要です。

コンテンツの種類はひとつではありません。
ブログ記事やメール、セミナーなど、多くのコンテンツが挙げられますね。

これらを上手く用いて、ターゲットを購買に至らせるストーリーを生み出すのです。

何故今、コンテンツマーケティングなのか?

ところでどうして、今コンテンツマーケティングが行われているのでしょうか?

それには、3つの要因があります。

従来のwebマーケティングの限界

かつては、webマーケティングといえば、主に「リスティング広告」などの広告でした。

ネットをしていると、本当にさまざまなところで広告を見ますよね。
この広告にうんざりしたことがある人もいるはずです。

同じように、広告の売り込みに多くのユーザーが嫌気がさしているのです。

ほとんどのユーザーは広告を無視して、自ら情報を取りにいくようになりました。

検索エンジンの評価

「リスティング広告」とともに、webマーケティングで重要なことは、「検索エンジン対策」です。

webサイトを検索上位に表示させるには、検索エンジンの評価が高くないといけません。

Googleは、コンテンツの質が良いサイトを高く評価する傾向があります。
以前は外部からの被リンクなどのSEOが有効的でしたが、不正が横行したため、コンテンツ重視に変わったのです。

それに、広告は一度出してしまえば、それで終わりですが、コンテンツは今後の資産になります。

コンテンツの外注が一般的に

クラウドソーシングというサービスが生まれたため、企業の内部ですべてのコンテンツを作成するのではなく、外注することが簡単になりました。

もちろんコストはかかりますが、大幅に時間を削り、コンテンツを大量生産することができます。

ただ、外注は質の低いコンテンツを提出される可能性もあります。
コンテンツは生み出せば良いわけではなく、ターゲットが満足できるものでなくてはなりません。

まとめ

いかがでしたか?

コンテンツマーケティングについて基本的なことがわかって頂けましたか?

コンテンツマーケティングは、ターゲットに購買に至るストーリーを提供しなくてはいけないため、単に広告を出すより複雑そうです。

ですが、費用は人件費のみなので、敷居は低いと考えられるのではないでしょうか。

コメントを残す




CAPTCHA