日本、韓国に9回逆転負で決勝を逃す【野球】

from:本多康裕

<プレミア12:日本3-4韓国>◇準決勝◇19日◇東京ドーム

 世界一を目指した侍ジャパン(B組1位)が韓国(B組3位)にまさかの逆転負けで決勝進出を逃した。先発の大谷翔平(21=日本ハム)が7回を投げ1安打無失点、11奪三振の力投で韓国打線を寄せ付けず。2番手則本昂大(24=楽天)が8回を無失点で抑え、4回に平田良介(27=中日)の適時打などで挙げた3点を守り9回を迎えたが、続投の則本が3連打を浴びるなど暗転。3番手松井裕樹(楽天=20)、4番手増井浩俊(日本ハム=31)をつぎ込んだが押し出し四球などで4点を奪われ逆転された。最後の反撃も及ばず。思わぬ形で終戦を迎えた。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1567975.html

4回に3点を入れたときは、テンションマックスだった・・・
でもまさか韓国に9回逆転されるとは・・・

結果はどうあれ、よく頑張ったと、思いたいが残念な気持ちが非常に大きい。
監督は、どうしてあんな投手采配をしたのか本当に不思議だ。

あまり自分が野球選手でもないのに、こんなことは言いたくないが、今回の監督には責任が重いと思う。
非常に後味が悪い負け方だった・・・

監督は経営者と同じ

経営者は、大事な時に、誤った決断をした場合、責任を取らなければならない。
これは、監督も同じ。

間違った決断をした場合、真摯に謝れば許されるかもしれない。
でも、経営には取り返しのつかないミスもある。

社員や社員の家族の生活まで、会社のトップであるあなたに影響される。

これはスポーツ選手も同じ。
選手には日々勝つために努力をしている。

それを監督の思い付きで潰してしまってはいけない。

とにかく残念だ・・・

コメントを残す




CAPTCHA