検索エンジン最適化とは結局なんなのか?

from:本多康裕

最適化って何?
グーグルでは、アルゴリズムというものがあります。
このランキングアルゴリズムによって検索結果の表示ページをどこにするのかというシステムを採用してます。

検索順位を優先的に上位表示するためには、キーワード選定も大事な要素になってきます。
ですからサイトのカラーに応じたキーワードを入れることも重要な要素になります。

SEOを意識したときに、キーワードを前半に入れた方が良い理由

グーグルクローラーはアメリカから来ます。
WEBサイトを評価するクローラーを扱っているエンジニアは英語です。

英語は、主語、動詞と来るので、WEBサイト上で優位に表示されるために、先に結論が出ていることを評価しているという傾向があるからです。
また、ロジカルな文章を検査エンジンは好みます。結論を先にいうというコピーライティング術です。

SEOを意識し過ぎて、あまりにも詰め過ぎても、不自然に思われるケースもありますが、自然な文章で自然に前半に溶け込ませておくこともSEOで外せない、大事なことになります。

一説には、それなりに内容のあるサイトの場合、グーグルご祝儀やグーグルハネムーンと呼ばれているもので数週間から半年ほど、上位表示される場合もあるとされています。
ここでグーグルはこの期間中に、様子を見ているという説です。

SEOに関係しているランキングアルゴリズムとは何か

ランキングアルゴリズムとは、検索順位の結果に直結するグーグルが各ウェブサイトを評価するための計算式のことです。
分かっているだけでもグーグルのランキングアルゴリズムには、200種類以上の計算式があると言われています。

ランキングアルゴリズムには、公開されていない部分もまだまだ多くあるとされています。
というより、全て公開されることは、おそらくこの先もないはずです。

全てが筒抜けになってしまうと、みな、その通りにしてしまうことは容易に予想できるからです。

ただし、不定期でパンダアップデートやペンギンアップデートと呼ばれていることも、グーグルでは行っているので、適度にSEOを意識しながら、十分に中身のある濃い記事を作ることが最善の策ともいえます。

ランキングアルゴリズムの計算式の一例として
定期的に更新されているかどうか?
サイトマップはどのようになっているのか?
リンクはどうなっているのか?
タグの表示の具合なども見られています。

クローラーに効率よく動いてもらうためには

検索エンジンで優先的に表示されるためには、グーグルのクローラーに評価されなければなりません。

クローラーによく評価されるには、サイトマップを作成することも重要です。
クローラーが効率よく動くためでもあるからです。

解析ツールで確認すると、クローラーが突然来なくなるケースもあります。

更新頻度が落ちたり、広告だらけという場合や、ワンスクロールもしないうちに広告が飛び込んできて、以下文章無しというようなサイトもクローラーに嫌われやすいです。

また、自分が意図しないところで、クローラーが来なくなるケースもあります。
来なくなった場合には、グーグルウェブマスターツールを使って、自らクローラーを呼ぶといったこともできるので、有効に使っていくと良いです。

まとめ

評価に値しないWEBサイトを、評価しないためにグーグルのアルゴリズムを更新します。
その更新にあたるのが、ペンギンアップデートやパンダアップデートと呼ばれているものです。

ペンギンにしてもパンダにしても白黒です。

これらの更新は、グーグルでは不定期で行っており、当然、公開されることはありません。
パンダアップデートによって検索上位から圏外に飛ぶこともあるのはこのためです。

コメントを残す




CAPTCHA