ブルーノートジャズのススメ『アートブレイキー』

from:本多康裕

伝説のjazzドラマー
なんだかここ数日、暖かいですよね?

体感的には、秋に戻ったくらいの感じがあります。

こう寒かったり暖かかったりじゃ体調管理が大変ですよね。
昼間に車に乗り込むと、暑いと思う事すらあるくらいですから、服装に困ってしまうわけです。

今日はそんな秋の気分なので、jazzについてお話しします(笑)

今回は、この人アートブレイキーについてです。

この音源は、1958年にブルーノートより発売された『Moanin(モーニン)』です。

曲自体は35秒のところから始まります。
もしかしたら聞いたことあるかも知れませんね。

日本でもCMや番組のBGMなんかで流れていたりするこもあります。

アートブレイキーとは?

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズというバンドのリーダーです。

バンドには、後にスターJAZZプレイヤーになる若手がゴロゴロいました。

彼はドラマーです。
jazzを聴いてる人の中では、知らない人がいないくらい有名なドラマーです。

90年に死去するまで、彼はとにかく尊敬されていましたし、もちろん今でも多くの人に尊敬されています。

親日で有名なアートブレイキー

初めて日本を訪れた時、彼は日本のファンから記念写真をせがまれ「オレは黒人だぞ。一緒に写真に収まってもいいのか?」と言いました。
海外では黒人差別があった時代だからです。

状況がわからない日本のファンは「写真をお願いします!」と再度お願いしたそうです。
すると再度アートブレイキーは、「本当にいいのか?俺は黒人なのに?」と確認し、写真を撮ってくれたそうです。

そこでアートブレイキーは、日本に肌の色で差別をする人間がいないということを知ります。

また彼は

「私は今まで世界を旅してきたが、日本ほど私の心に強い印象を残してくれた国はない。

それは演奏を聴く態度は勿論、何よりも嬉しいのは、アフリカを除いて、世界中で日本だけが我々を人間として歓迎してくれたことだ。

人間として!
ヒューマンビーイングとして!」

と残しています。

彼のような超有名なスタードラマーですら、肌の色で差別があった時代ですからね……

帰国後、日本人の妻をもらったり、日本のパールという有名なドラムメーカーと契約しました。

彼の息子はTAROです。
そして彼の曲名に「雨月」「オンザギンザ」というものもあります。

まとめ

そんな日本とも縁が深い、アートブレイキー『モーニン』のYOUTUBEの音源どうでしたか?

僕はこのアートブレイキーのモーニン、CDでもレコードでも持っているんですよ(笑)

ぜひゆっくり聴いてみてくださいね。

コメントを残す




CAPTCHA