メルマガに必要な見込み客(リスト)の集め方!基礎的な3つのステップ

from:本多康裕

見込み客(リスト)の集め方!
メルマガを、自社のビジネスやマーケティングに取り入れていますか?

メルマガは、ウェブサイト上ではできない1対1に近いやり取りができることが魅力です。
ですが何と言っても見込み客(リスト)を集めることが難しいです。

メルマガを使ったビジネスをしようとしても、リストがいなければ始まりません。

そこで今回は、メルマガビジネスを行う際に必要なリストの集め方の基本について解説していきます。

1.見込み客(リスト)の大切さ

リストをたくさん持っていることは大切です。
どれだけ素晴らしいメルマガを書いていても、やはり読者がいなければ、メルマガビジネスは成り立ちません

まずは、ここの考え方をしっかりと頭の中に入れておきましょう。

次から読者を集めるための基礎的な手順について解説していきます。

1-1.自社のメディアを作り育成する

メルマガスタンドを使って読者を集めることも大切です。
ですが、今の時期旬な集客の仕方は、自社のメディア(オウンドメディア)を持つことです。

会社のコンセプトや業種に合わせたコンテンツを配信し、そこで価値のある情報を提供してください。

ここで大切なことは、とにかく良質なコンテンツを用意し続けることです。
低品質な物を提供していてもユーザーはサイト内に集まりません。

しっかりと価値ある物を用意し続けていきましょう。

1-2.メディア内でプレゼントを用意する

メディアの育成は時間が掛かります

一から作り始める場合は、半年~1年ほどは時間が掛かるでしょう。

そこで必要なことの一つに継続力があります。
決して妥協せずに良いものを提供していきましょう。

ある程度メディア内にアクセスが集まってきたら、メディアにプレゼントを用意しましょう

もちろん、PDFなどで重要な情報を発信することでも良いですし、「登録していただくと更に有益な情報を更新していきます」といった形でメルマガ登録を促しても良いです。

PDFなどの無料プレゼントは読者が満足するような内容のものを配信しましょう。

1-3.メディア内でサービスや商品を販売する

メディア内で実際に商品やサービスを販売することも一つの手です。
商品やサービスを購入してくれるということは、メールアドレスを手にすることが出来るということです。

そこで手に入れたメールアドレスに対して、メルマガを配信することができるため、リストの一つとして捉えられます

まとめ

メルマガのリストを集めるステップとしては以上の3つです。

最初はサイト内のコンテンツを更新し続けるなどが大変ですが、それを継続することで、とてもレバレッジを効かせたビジネスを展開することができます。

ぜひリスト集めに活かしてみてください。

コメントを残す




CAPTCHA