くりぃむ上田「大雨の時のワイパーか!!」

from:本多康裕

大雨の時のワイパーか!!
これは、くりぃむしちゅーの上田さんがよく使う例えツッコミ。
大忙しの状況や、激しく動き続けているものに対してのツッコミです。

すごい忙しそうで、イメージすると本当に的確な例えツッコミですよね(笑)

たしかにワイパーを最速に設定すると、かなりのスピードで左右に振れますよね。
普段だと、こんなスピードのワイパーを使うのかな?
って、思うくらい早いです(笑)

ただ年に数回、台風や大雨この最速のワイパーを使用しなければならない時があります。

それくらいの大雨だと、道路も側溝から水が溢れます。
池の様な水たまりも出来てしまい実際に運転していても、車線が見えない。

雨のせいで視界が悪く遠くまで見えない。
遠くまで見えないから、普段よりかなり運転にリスクがあります。

そしてブレーキの利きまで悪くなってしまいます。

普段は上手に運転しているあなたでも、このように外的要因によってリスクが生まれてくるわけです。

外的要因に左右される

これは、ビジネスでも同じです。

10年以上存続する会社は、全体の7%くらいだと言われています。
すなわち、93%は10年以内にいなくなってしまうわけです。

存続できなかった企業が、どのような理由があるかはわかりません。
節税対策もあるかもしれません。計画倒産もあるかもしれません。

でも、お客さんや競合の変化について行けず、存続できなかったケースは多いと思います。

もしあなたに会社、お店の近くに競合会社がやってきたら・・・
もしあなたのお客さんに、競合大手が接近したら・・・
もしあなたのお客さんが、求めるものが大きく変わってしまったら・・・

現時点では順調でも今後の戦略を、経営者は考えなければなりません。

3C分析

戦略を考えるのにわかりやすいフレームワークがあります。

それがこの3C分析です。

・自社分析/Company
・競合分析/Competitor
・消費者分析/Customer

この3C分析というのは、お客さんが何が欲しいか?
競合は何をどのように売っているのか?
自社は何をどのように売っているのか?

を総合的に比較して、分析する方法です。

これは結構便利な考え方なので、あなたのビジネスの経営戦略に役立ててみてはいかがでしょうか?

コメントを残す




CAPTCHA